ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【現地取材】280年前は市軍隊と監獄の拠点 / フランクフルトで最も歴史あるカフェへ行ってみた

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
beer

日本からは直通便も就航するドイツの窓口、フランクフルト(Frankfurt am Main)。さまざまな国籍の人が行き交うこの街の中心地にある「Hauptwache」(ハウプトバッへ)は、110年以上も前にオープンした格調高いカフェ。こちらでは街並みを楽しみつつ、伝統あるドイツ料理をお手ごろに楽しめます。

・レーマー広場やゲーテの生家 / ツァイルからすぐ
カフェへはフランクフルト中央駅からドイツ国鉄Sバーン1・3番に乗車し、約7分で着くHauptwache駅で下車。あるいは中央駅から東へ延びる目抜き通りKaiserstraße(カイザー通り)を約1.3km歩いても、20分たらずで到着しますよ。

駅名にもなっているようにこの一帯は人の往来が常にたえない、フランクフルトの中心部。周辺を見渡せばひときわ目をひくのが、バロック様式の建築「Hauptwache」。1730年の建設当初は市軍隊と監獄を設置しており、カフェに生まれ変わったのは1905年。それから第二次世界大戦の影響や地下鉄建設から改築を重ね、1978年に現在の姿に生まれ変わりました。

frankfurt
roemer
goethe
galeriahaupthof
haupt3

・ドイツの伝統料理に舌鼓
ランチからディナーまで日通し営業している「Hauptwache」。ここでは本格派ドイツ料理やお酒を楽しめます。晴れた日には街並みを望めるテラス席がいいですね。

前菜は€4.80(約550円。2016年10月現在。以下同)から、定番のソーセージ料理は€8.80(約1000円)からと、比較的リーズナブルな価格もうれしいかぎり。メイン料理ならウィーン風カツレツ「ORIGINAL WIENER SCHNITZEL VOM KALB」(€23.80、約2700円)が、食事のしめくくりにはドイツ伝統のアップルパイ「WARMER APFELSTRUDEL」(€6.80、約750円)が一番人気です。「Hauptwache」で悠久の歴史に思いをはせながらドイツ料理を堪能しましょう。

fries
prezel
sausage
cafe

CAFÉ HAUPTWACHE
住所:An der Hauptwache 15, Frankfurt am Main
電話:(069)21998627
時間:月〜土10:00~22:00、日・祝12:00~21:00

もっと詳しく読む: 280年前は市軍隊と監獄の拠点 / フランクフルトで最も歴史あるカフェへ行ってみた(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2016/10/15/hauptwache-frankfurtammain/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。