ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シュールな居合フリゲアクション『iai』 「100人斬り」の先に待つのは…

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日々多くの作品が生まれるフリーゲーム。現在ではホラー・アドベンチャーの人気が根強いものとなっているが、公開される作品の中には、ユーモラスでシュールなノリが魅力的となる独特な作品も存在している。

そこで今回は、刀の「居合」をテーマとした、そのストイックかつシュールな世界観が魅力のアクションフリーゲームを紹介する。本作は、登場人物たちのどこか気の抜けた会話が笑いを誘う、1プレイ5分~10分程度の短時間で気軽にあそべる作品となっている。ホイール付きマウス1つで操作が可能というお手軽さもポイントだ。さっそく紹介しよう。

どことなくゆるい雰囲気の中で「100人切斬り」を目指そう

ゲームを起動すると、刀を持った浪人2人が描かれた白黒イラストという、まるで和風映画のようなタイトル画面が現れる。この段階では硬い印象を受けるかもしれないが、まずは簡単な操作方法を見てから本編を開始してみよう。


「敵」は斬り、「魂」は斬れないので成仏させるという、とても簡単なルールだ

ゲームシステムとしては、居合抜きで敵を攻撃し、刀を鞘に納め、ふたたび斬る。といったように、襲い来る敵を一人一人迎え撃つというもの。敵には人間だけでなく、人間を倒した後に幽霊となって襲い来る敵や、遠くから放たれる矢の存在がある。これらをそれぞれ撃退することでゲームを進めていく。

戦いの中で交わされる主人公たち2人の掛け合いで、物語の背景のような内容なども語られる。……が、どうにも気の抜けたやりとりも多く、思わず笑ってしまうものもある。モノクロのゲーム画面も合わさり、世界観としてはストイックな印象を受けつつも、空気感自体はゆるい側面があるのもも魅力の1つだ。


せまる敵を次々と切り伏せていこう
 

10人斬りを行うたびに、気の抜けた掛け合いが見れる
 
登場する敵のうち、人間は刀で切ることができる。マウスの右クリックで刀による攻撃を行うことができ、敵を一撃で倒すことができる。一度抜いた刀は、鞘に戻さなければ再度攻撃することができない。左クリックで鞘に戻し、もう一度右クリックをすることで再び居合ができる。この動きを繰り返して攻撃していこう。
 

納刀と抜刀を繰り返すことで敵を倒す
 
人間は、倒すと幽霊となり襲い掛かってくることがある。その場合は刀では斬り殺せないので、マウスホイールをクリックして「合掌」することで成仏させることができる。これにより幽霊を倒せるのだ。


幽霊となった敵は「合掌」して成仏させよう
 
戦いを繰り返しているうちに、遠くから「矢」が飛んでくることもある。その場合はマウスホイールを上に回すことで「鞘受」することができ、矢をガードすることができる。連続して矢が飛んでくることもあるので、タイミングを見て、マウスホイールを下に回して鞘のガードを解除しよう。ガード中はほかの行動を何も出来なくなってしまうので、注意が必要だ。
 

「矢」は連続して放たれることもある。タイミングに注意だ
 

シュールなやりとりと、そして先に待つもの

このゲームで物語といえる要素は、敵との戦いの中で交わされていく二人のシュールな掛け合いくらいだ。「100人斬り」というシリアスに思える目的がありながらも、話の内容はそれとは真逆。ゲームを進めていくうちにプレイヤーも次第に不思議な気持ちになっていくことうけあいだ。


戦いの最中とは思えないほどの、のほほん具合
 
そう、こういった全体的にカジュアルに楽しめるゲームだからこそ、筆者は本作のとある部分に、意表を突かれたのだ。そこではゲームならではの物語り方とも言える演出を、少しだけ味わうことができたように感じる。簡単な操作で、かつ短時間で手軽に遊べる作品となっているので、ぜひ「100人斬り」まで遊んでみてはいかがだろうか。

[基本情報]
タイトル:『iai』
制作者:any
クリア時間:1プレイ5分~10分程度
対応OS:Windows
価格:無料

ダウンロードはこちらから
http://www.freem.ne.jp/win/game/12145

関連記事:

爽快スマホアクション『ねずみハンター キャシー』。『PRINCIPIA』作者と『トモダチコレクション』作曲担当のコラボ作!
フリゲはアクションも熱い!おすすめフリゲアクションゲーム10選
フリーゲーム『ムラサキ』。シンプルで楽しい爆発パズル物理アクションがPlayismで配信開始!Steamでの配信も予定

カテゴリー : ゲーム タグ :
もぐらゲームスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。