ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

空港を制すものは旅を制す!ソウル・空港の基本情報と魅力的なサービスまとめ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Photo credit: Kanchi1979 (Own work) [GFDL, CC-BY-SA-3.0 or CC BY 2.5], via Wikimedia Commons

こんにちは。Compathy Magazineライターのmakiです。
身近な海外旅行先として人気の韓国・ソウルですが、旅の最初と最後で必ず訪れることになる場所がソウルの空港です。ただしさまざまな施設が集まる空港では、つい時間を持て余してしまうという人も多いのでは?
そこで今回は、ソウル・空港の基本情報や空港で提供しているサービスについて紹介します。空港に関する予備知識を事前に把握して、ソウル旅行をスムーズに楽しみましょう。

ソウルに空港は2つ? 各空港の基本情報と地図マップ

仁川国際空港

Photo credit:Eugene Kim via flickr cc

「仁川国際空港」は、2001年にオープンした、ソウル近郊で2つ目の国際空港。国際空港評議会(ACI)が主催する世界空港サービス評価(ASQ)において11年連続で世界最優秀に選ばれ、充実した質の高いサービスの提供を続ける、非常に評判の高い空港として知られています。
空港は地下1Fから4Fの建物で構成され、買い物や食事が楽しめるだけでなく、地下の映画館やスパ&サウナなど、さまざまなジャンルの施設が並んでいます。またイギリス人建築家テリー・ファレルのデザインによる、大型船舶の帆をイメージした美しい流線型の建物もおしゃれですね。

仁川国際空港(Incheon International Airport)
住所:仁川広域市中区空港路424番通り47
電話番号:+8215772600
公式サイト:仁川国際空港

 

金浦国際空港

Photo credit: Doug Letterman via flickr cc

「金浦空港」は、ソウルの国際空港の1つ。現在は羽田、大阪、名古屋、北京、上海、台北との間で国際便が発着しています。また国内線の発着ターミナルとしても使用され、済州島(チェジュド)、釜山(プサン)、蔚山(ウルサン)、麗水(ヨス)、浦項(ポハン)、光州(クァンジュ)、晋州(チンジュ)など、韓国の主要都市への航空便を利用することもできます。
4F建ての国際線ターミナルには、韓国料理をはじめさまざまなジャンルのグルメショップや、韓国最大級の複合型ショッピングセンターである「ロッテモール」も隣接しています。仁川国際空港と比較してソウル中心街への距離が近いのも特徴です。

金甫国際空港(Gimpo International Airport)
住所:ソウル特別市江西区果海洞274番地
電話番号:+8216612626
公式サイト:金甫国際空港

 

それぞれの空港からソウル市内への行き方

仁川国際空港からソウル中心街へのアクセス

<リムジンバス:コスパを重視! 市内主要ホテルへの直通バスも>

Photo credit: Yerbol Nisanbayev (Own work) [CC BY 3.0], via Wikimedia Commons

リムジンバスは、料金が安く乗り換え無しでソウル中心街まで向かうことができる、コスパに優れた移動手段。バスには、一般リムジンと、少し割高ですがゆったり座れる高級リムジンの2種類が運行しています。
高級リムジンの中でも”KALリムジン”は、ソウル市内の主要ホテルを中心に経由するので、ホテルの宿泊者の方はこちらの利用が便利でしょう。ただし道路の混雑状況によって所要時間が変動するので、時間に余裕をもって利用するようにしたいですね。

バス乗り場は、到着フロアを出てすぐ前のバスターミナル。乗車チケットは、4・6・7・8・11・13番出口付近で購入できます。
ソウル市内までの所要時間は目的地によって異なりますが、80~90分が目安。料金は一般リムジンが10000ウォン、高級が16000ウォンです。
仁川国際空港発のリムジンバスの時刻表についてですが、始発は平日が5:35、土日祝は5:40で、バスごとに10~30分間隔で運行しています。終バスは、毎日22:50です。

<空港鉄道A’REX(エーレックス):ソウル中心部まで最速で向かうならこちら>

Photo credit: Subway06 (Own work) [CC BY 3.0], via Wikimedia Commons

仁川国際空港からソウル駅まで運行している空港鉄道A’REXは、直通の電車に乗ればソウル駅までわずか43分ととてもスピーディー! ソウル駅では地下鉄1・4号線に乗り換えることができ、市内各地への移動もスムーズです。
空港のターミナルから少し離れた駅までは、無料の送迎バスも運行しています。また乗車券の自動券売機や電車内のアナウンスも日本語に対応しており、初めてソウルを訪れる観光客の方でも安心ですね。
仁川国際空港からソウル駅の所要時間は、直通電車の利用で45分(8,000ウォン)、乗り換えが必要な一般電車の利用で55分(4,150ウォン)です。直通電車は約30分間隔、一般電車は約15分間隔で運行しています。

<タクシー:乗り換えが不安な方は、タクシーで直接目的地へ>

Photo credit: Chu (Own work) [CC BY-SA 3.0 or GFDL], via Wikimedia Commons

初めての韓国旅行で乗り換えが不安という方は、目的地まで直接向かうことができるタクシーが便利でしょう。特に重いスーツケースを持っているときなどは、空港や駅構内を歩かなくてすむため便利です。
ソウルに向かうタクシーには、料金安い一般タクシーと、日本語を話せる運転手も多くサービスが充実した模範タクシーの2種類があります。初乗り料金は東京と比較して安いですが、中には悪質なタクシーによるぼったくり被害なども発生しているので注意しましょう。

仁川国際空港からソウル市内までの所要時間は、道路の混雑状況や目的地にもよりますが約60分以上かかります。料金は、一般タクシーを利用した場合は約50,000ウォン前後、模範タクシーを利用した場合は約90,000ウォン前後です。

金甫国際空港からソウル中心街へのアクセス

<乗り心地を優先するならリムジンバス、安さを重視するなら市内バス>

Photo credit: Minseong Kim (Own work) [CC BY-SA 4.0], via Wikimedia Commons

金甫国際空港発のバスには、一般・高級リムジンバス、市内バスの3種類があります。

リムジンバスにはトランクがあり、大きなスーツケースの預かりにも対応している点が魅力。ただし仁川国際空港と比べて運行本数が少ないので注意しましょう。
金甫国際空港発からソウル中心街までの所要時間は40〜50分で、一般リムジンの料金は約4000ウォン、高級リムジンは約7000ウォンです。チケット売り場は国内線ターミナルにしかないので、国際線ターミナルからチケットを購入する場合は、バス停付近で運行案内している誘導員に口頭で行き先とバス番号を伝えましょう。

市内バスは路線や停留所の数も多く、大型スーツケースの置き場や車内の日本語アナウンスも無しと韓国旅行初心者には少しハードルが高いかもしれません。ただし料金は約2000ウォンと非常にリーズナブルなので、ソウルをよく知る方には最安の移動手段と言えますね。

<行き先や乗車人数によってはタクシーが割安になることも!>
金浦国際空港からソウルの中心地までは、直線距離にして約20㎞弱なので、タクシーに乗るのも選択肢の1つです。また複数人で乗車して料金を出し合えば、リムジンバスよりも安くソウルまで行くことも可能ですね。乗り場は、国際線・国内線ともにターミナル1Fの到着ロビーを出て、横断歩道を渡った目の前にあります。
例としてソウル市内の明洞エリアまでは、一般タクシーの利用で所要時間は約40分、料金は17000ウォンです。

<地下鉄の利用は、荷物の量と重さで判断>

Photo credit: Minseong Kim (Own work) [CC BY-SA 4.0], via Wikimedia Commons

金浦国際空港からソウル市内には、地下鉄5号線と9号線が運行しています。手頃な料金で運行本数も多いため便利な移動手段と言えますが、ソウル市内の地下鉄駅構内にはエレベーターやエスカレーターのない所も多いので、荷物量が多い方や重い荷物を運んでいる方は、ほかの移動手段を利用することも検討しましょう。
金浦国際空港からソウル市内まで地下鉄を利用する場合、料金は1650ウォン、所要時間は約60分です。ただし空港の到着フロアから駅のホームまでは徒歩で約10分かかるので、こちらの時間も考慮に入れておきたいですね。

免税店や韓国レストランなども!空港での待ち時間の楽しみ方

Photo credit: Kanchi1979 (Own work) [GFDL, CC-BY-SA-3.0 or CC BY 2.5], via Wikimedia Commons

ロッテ免税店(仁川国際空港支店)

「ロッテ免税店(仁川国際空港支店)」は、出国フロアのど真ん中というロケーションも便利な免税店。店舗内にはアルコール類やたばこなどの免税対象商品が並び、商品数が豊富であるのも特徴です。
特に香水と化粧品の売り場は空港内最大面積を誇り、グローバルな高級ブランドから人気の高い韓国コスメまで、80以上のビューティーブランドが一堂に集結しています。女性の方へのお土産探しに、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

営業時間:6:30~21:30
公式サイト:ロッテ免税店(仁川国際空港支店)

 

ロッテ免税店(金浦国際空港支店)

「ロッテ免税店(金浦国際空港支店)」は、国際線乗り場の3Fに位置する免税店。こちらも仁川国際空港店と同じく、多くの品揃えを誇る人気店です。
店内には香水や化粧品、ファッション雑貨、アクセサリー、バッグ、韓国伝統食品などが並んでいます。

営業時間:6:30~20:30
公式サイト:ロッテ免税店(金浦国際空港支店)

 

新羅免税店(仁川国際空港支店)

「新羅免税店(仁川国際空港支店)」は、ロッテ免税店と並び人気の高い免税店。食品、ファッション雑貨、コスメなど商品のラインナップが豊富で、海外のハイブランドから地元韓国のブランドまで幅広く取り扱っています。またサングラスや時計売り場も充実しているので、こちらもぜひチェックしてみてください。

営業時間:6:30~21:30(一部売り場は24時間営業)
公式サイト:新羅免税店(仁川国際空港支店)

 

韓国料理が食べられるレストラン・フードコート

Photo credit:Roderick Eime via flickr cc

<仁川国際空港>
地下1Fから地上4Fまで、すべての階にカフェやファーストフード店があります。また以下のレストランでは韓国料理を堪能できるので、ぜひ足を運んでみてください。

・ポンチュッ&ビビンバ:12種類のお粥と8種類のビビンバがおすすめ。注文後待ち時間なしで食べることができる。1F12番出口付近。24時間営業。
・チェイルチェミョンソ:麺と丼の専門店。1F7番出口付近。
・ビビゴ・ケジョルパプサン:韓国伝統料理。1F8番出口付近。
・ビビゴ:小腹がすいたときに最適。1FGカウンター付近。
・コンガメミルジョ:鍋料理、キムチチゲ、スンドゥブなど。4Fの東側Fカウンター前。
・ソムン:韓国料理と日本料理。4F西側Gカウンター前。
・ボンピヤン:冷麺、カルビタン、ソルロンタンなど。地下1F西側。

以上のレストランのほかに、フードコートが地下1階と4階にあり、そちらでも気軽に韓国料理を味わうことができますよ。

<金浦国際空港>
仁川国際空港と比較すると小規模ですが、金浦国際空港の4F出国フロアにも「FESTIVAL」と呼ばれるフードコートがあります。こちらでも韓国グルメを扱うお店が展開していますね。
また本格的な韓国料理を味わうなら、同フロアの「ハヌルチャン」もおすすめ。ビビンバ、サムゲタンなどの定番韓国料理や、かつての宮廷料理としても有名な牛カルビの蒸し煮定食などを味わうことができます。こちらもぜひチェックしてみてください。

ソウルの空港で提供されているサービス一覧

<無料Wi-Fi・電源>

Photo credit: Ming-yen Hsu via flickr cc

カフェやレストランをはじめ、空港内で一般客が立ち入ることができるほぼ全域で、無料のWi-Fiを利用することができます。事前登録をしなくても、携帯やパソコンで気軽にインターネットにアクセスできるのは、観光客にとって嬉しいポイントですね。
また空港内には公共の電源も設置され、無料で充電することも可能です。携帯やパソコンなど電子機器を持ち歩いている方は、こちらもぜひ活用してみましょう。

<両替カウンター>
カード社会の韓国では、多くのお店の支払いにクレジットカードを使用することができます。ただし現金のみ対応のお店もあるので、最低限必要な現金を円からウォンへ両替しておくと安心です。
各空港には両替カウンターが設置されていますが、換金レートがあまり良くないというのが実情。クレジットカードを持っていない、すぐに現金が必要という特別な理由がなければ、明洞などの観光地で両替を行うのも選択肢の1つです。

<荷物預かり>
仁川国際空港の3F、金浦国際空港の1Fに、荷物の一時預かりカウンターが設置されています。短時間の滞在で身軽にソウル観光を楽しみたい方は、こちらで重い荷物を預けるのも良いでしょう。
料金は荷物の大きさや希望する預け時間によって変わるので、現地のカウンターで問い合わせてみてください。

<携帯・Wi-Fiレンタル>

Photo credit: Jon Åslund via flickr cc

各空港の1Fには、電話会社の携帯・Wi-Fiレンタルを申し込みできるカウンターが並んでいます。こちらは事前予約や航空券の提示なども不要で、申し込みに必要なのはパスポートとクレジットカードのみと手続きも簡単です。
ソウル観光の際は、マップの使用や緊急時の連絡手段と、携帯やWi-Fiがあると何かと便利。レンタル料金も手頃なので、ソウル旅行のお供アイテムに検討してみましょう。

<トランジットツアー>
ヨーロッパ便なども発着するハブ空港としての役割を持つ仁川国際空港では、乗り換え時間を有効利用できる、無料のトランジットツアーも開催されています。ツアー内容は、お手軽な1時間コースの竜宮寺お寺ツアーから、5時間コースのソウル都市ツアー、ソウル文化ツアー、ソウルショッピングツアーなど、いろいろなプランから選ぶことができます。
トランジットツアーの観光案内では、短時間でソウルの魅力を体感できるはず! こちらのツアーは仁川国際空港の公式サイトから予約できるので、興味のある方はぜひ参加してみましょう。

おわりに

ソウル郊外にある仁川国際空港空港と金浦国際空港の2つの空港は、ソウル中心街へのアクセス方法も豊富で、ショッピングやグルメを楽しめる施設もあります。また無料Wi-Fiやトランジットツアーなど魅力的なサービスが充実しているので、空港内での待ち時間も安心ですね。
皆さんもソウルを訪れる際は、この記事を参考に、ソウルの空港も満喫してみてください。

ライター: Maki Ohtuka
Photo by:Eugene Kim via flickr cc

Compathyでソウルの旅行記・旅行情報をみる

Compathyでは、ソウルを訪れたみんなの旅行記やおすすめの観光・グルメスポット・ホテルなどを紹介しています。

*Hiroyuki Fukagawa「トランジットでソウル(仁川)まで…途中降機も楽しいよ」

*Narumi Terahara「韓国ソウル弾丸の旅!おいしいもの&お買いもの天国」

*Masumi Yoshimura「韓国・ソウル大好き旅!定番ソウル観光ひとり街歩き!」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP