ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「淵に立つ」深田監督語る「カンヌは恐ろしい空間」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「RADIO DONUTS」(ナビゲーター:渡辺祐・山田玲奈)。のワンコーナー「TOKYO GAS LIFE IS A GIFT」。10月15日のオンエアでは、映画監督の深田晃司さんにお話を伺いました。

深田監督は36歳。現在公開中の映画「淵に立つ」が、カンヌ国際映画祭初出品にして「ある視点」部門で審査員賞を受賞しました。国際的にも注目を集めている深田監督に、映画の街・カンヌでの出会いや撮影現場でのエピソードを伺いました。

カンヌで印象的だった出来事について“スタンディングオベーション”を挙げる深田監督。それを受けたのは初めてだったそうで「あ、これが日本でもよく報道されているスタンディングオベーションか」と思ったそうですが、想像以上に熱気がすごかったそうで…

「終わったときの熱量が高いなと感じて。拍手も全然終わらなくて、逆にこっちは手持ちぶさたになってきて『どういう顔して立っていればいいんだろう』って。最初スタッフと握手して、その後まだ時間が余ってるから、もう一回握手するみたいな感じで(笑)。

そうやって時間を潰すのに困るくらい拍手とかも続いて。でも、恒例なので、まあまあこんなものだと思っていたんですけど、他の作品でいち観客として観て、その後のスタンディングオベーションと比較すると、『淵に立つ』のスタンディングオベーションは、かなり熱があったんだなというのは感じました」(深田監督、以下同)

と、まさに自らの映画の評価を“体感”したエピソードを明かしてくれた深田監督。カンヌ国際映画祭は通常の映画祭と違い、一般客がチケットを買って参加することができません(地元の人は可能)。その環境を「すごいクレイジーな空間だな」と感じたそうです。

「プロデューサーであったり映画監督であったりバイヤーであったり…映画で生きようとしている人、映画を商売にしてる人だけが集まる映画祭でして。だけど映画の業界人だけで一つの街がものすごい賑わいになって1,000〜2,000人も入る劇場が毎回満員になるっていう。ちょっと不思議なほど映画熱の高い空間でしたね」

そのため「街自体が映画祭のためにできているよう」と思うほど、映画関係者などと出会うことも多いそうです。深田さんは映画祭で名物となっているバーにいたところ、高齢のフランス人女性に「あんた日本人? アイラブ日本人!」と声をかけられたそう。

名前を尋ねたところ、服の“アニエスベー”というタグを見せられ「私、アニエス・ベーよ」と言われ、なんと実際のデザイナーであるアニエス・ベーご本人だったのだとか! 「恐ろしい空間だと思いましたね…そういう意味でも(笑)」と思い出していました。

そして、浅野忠信さんの衣装に対するこだわりを感じさせられるエピソードも明かしてくれた深田監督。ちなみにこの作品を見た渡辺、山田は「思い出しただけで怖い」「ゾッとする」とコメント。気になった方は劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか?

さて、10月22日(土)のこのコーナーにはJUJUさんが登場! 「昭和」とCROSSINGしたニューカバーアルバムのリリースを控えたJUJUさんに「昭和」への思い、そして人との絆について伺います。どうぞお楽しみに♪

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「RADIO DONUTS」
放送日時:毎週土曜 8時−12時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP