ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【必見】運動せずに基礎代謝を上げる方法がある!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

基礎代謝は、何もせずじっとしていても生体の維持のために必要なエネルギーです。基礎代謝はエネルギー代謝の大半を占めるので、基礎代謝を増やせば確実にダイエットにつながります。でも、基礎代謝のピークは10代で、その後は少しずつ落ちて行ってしまうのも事実。ただし、日常の生活習慣で基礎代謝を増やすこともできます。ここでは、ちょっとしたことで基礎代謝を増やす方法をご紹介します。

1.規則正しい食事が基礎代謝を上げる!

食事を抜くと、体は休止モードに入って代謝を落とすようになります。不規則な食生活は基礎代謝の低下につながるのです。1日3回の食事をきちんと食べることが基礎代謝を上げるコツです。昼食と夕食の間隔が長くなるような時は、その間にプチ夕食や間食をしましょう。もちろん間食に甘いお菓子を食べ過ぎるのはNG。ドライフルーツやナッツなどがおススメです。

2.乾いた体は代謝が下がってしまう!

体が乾燥すると代謝は落ちてしまいます。水分補給はこまめにして、体が水分不足に陥らないようにしましょう。水を飲むことでも生体は反応し、基礎代謝が上がるのです。水やノンカロリーのお茶など、ハーブティーなどもおすすめです。小腹が空いている時は、野菜ジュースなどもいいですね。

3.エレベーターを使わないと基礎代謝が上がる!

基礎代謝のエネルギーの大半は筋肉で使われています。筋肉を増やす(減らさない)ためにも、ちょっとした運動は大切です。ジムやフィットネスに行くのが面倒という場合は、エレベーターを使わずに階段を使うだけでもOKです。とはいえ、絶対にエレベーターを使ってはいけないというのも気持ちの負担に。「2フロアまでの移動は階段を使う」などの決まりを作ってもいいですね。

4.食事に辛いスパイスをひと振り!

唐辛子やコショウ、わさびなど発熱・発汗作用のあるスパイスには基礎代謝を上げる働きがあります。カレーのように香辛料を多用するメニューも同じです。毎日のランチや夕食のスープ、味噌汁にスパイスをひと振りして食べましょう。毎日コツコツ続けることが基礎代謝を上げるコツですよ!

5.加工食品はできるだけ避ける

加工食品に含まれている砂糖や小麦粉は血糖値を上げることで、代謝を遅らせてしまいます。また、人工甘味料や添加物は、体内で代謝できないものも多く、体の負担になってしまいます。できるだけ、加工食品やレトルト食品などは避け、自然の食品を摂るようにすることでも、代謝をスムーズにすることができます。

運動しなくても基礎代謝が上がる方法がこんなにあるとは!小さな努力が大切ですね。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP