ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GoProを投げて新しい動画を撮影!専用投擲具「AER」が登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『GoPro』は、動画カメラにある種の革命を起こした。「どんな人でも手軽にアクション撮影を」という、誰かがやっていそうだがじつは誰もやってなかったことを果たした。

ただ、よく考えると、GoProを「投げる」、あるいは「落とす」というアクションは難しい。それこそ矢の先端にGoProを取り付けたら、どのような映像が撮れるのだろうか。やってみたいと思ってはみても、それを実現させる手段がない。

だからこそ、このような道具も登場した。

投擲軌道を動画撮影

クラウドファンディングサイト『Kickstarter』に登場したのは、GoPro専用投擲具『AER』である。

これは空中を飛翔するロケットのような外見で、先端にGoProを取り付ける。つまりこうすることで、投擲軌道の撮影が可能になるということだ。

公園でキャッチボールのように投げるのもいいし、AERは水に浮くからマリンスポーツの撮影にも使える。もちろん、上から落下させる動作もできる。その用途は非常に幅広い。

単純に真上へ投げるだけでも、「上昇」と「落下」というふたつのプロセスを経たダイナミックな動画が撮影できる。

最安販売枠はすでに締め切り

このAERは、Kickstarterにおいて特製バックパック付きで39ユーロ(約4,500円)の販売枠があった。だがその枠はすでに締め切られ、10月10日現在は49ユーロ(約5,600円)の枠がある。もちろんそれも、数に限りがある。

いずれにせよ、AERはGoProユーザーの間で普及のきざしを示している。この器具を使った斬新な動画も、今後配信されるだろう。

Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP