ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

乃木坂46齋藤飛鳥が感じる「小さな幸せ」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

乃木坂46齋藤飛鳥が感じる「小さな幸せ」
J-WAVEで放送中の番組「POP OF THE WORLD」(ナビゲーター:ハリー杉山)のワンコーナー「HARRY’S ENGLISH CLASS」。ハリー杉山が、英語初心者である乃木坂46の齋藤飛鳥に英語を教えるコーナーです。

10月15日のオンエアでは、リスナーから届いた「最近、年齢のせいか小さなことでも幸せに感じる。そんな日常の中でポッとつぶやけるような『幸せだなぁ』とか『小さな幸せ』という英語の一言を教えてほしい」というリクエストにお答えしました。

まず、リスナーさんからの投稿を受ける形で、ハリーが「なるほどねー! 小さな幸せ。どう? 感じることがあります?」と齋藤に水を向けると、「ありますあります」と頷いた齋藤は、「例えば? …う〜ん、『晴れたなぁ』とか?」と、天気の良い日に、“小さな幸せ”を感じるとコメント。一方、ハリーは「もうなくなったんだろうなっていう化粧水のボトルを1回開けて、ポンポンポンって自分の手に出して、『あ、ちょっと出た!』」といったときに同じような思いを感じるとのことです。

ハリーによると、こうした日常の中の“小さな幸せ”に遭遇した際に、英語では「Life is good」とつぶやくそう。

他の人に向けて語る際には、“You know what…”という“ねーねーねー”“あのさー”“…っていうかさ”といったニュアンスの語りかけフレーズを前置きとして使って、「You know what, life is good.」という言い回しをすると良いのだそうです。

また、10月は先週に引き続き「デートに使える英会話」を、ハリー&齋藤の寸劇仕立てでレクチャーすることとなりました。今回ハリーが用意したのは、二人で映画を観にいった際に途中で“寝落ち”してしまったという設定。

寝てしまった相手に、上映が終わったことを知らせる「The movie is over.」(映画終わったよ)、そんな相手を気遣う一言「You must be tired.」(あなた疲れてるのよ)、さらには、英語で「爆睡」を意味する“crash”を使った「Please, don’t crash.」(絶対に寝ないでね)という、相手に釘を刺す一言などをレクチャー。こうしたなんとも気まずい状況に陥ってしまった際には、「“I’m sorry…”を連発してほしい」とハリーはアドバイスしました。

ちなみに、「爆睡することもありますよ。私、寝るの大好きなので。いつでもどこでも『寝ろ』と言われれば…」「収録の本番中でも眠れます」と答え、ハリーをたじろがせた齋藤。番組ナビゲーターのハリーにとっては“Please, don’t crash.”といったところかもしれませんね。

さて、次回10月22日(土)のオンエアでも、齋藤飛鳥がデートのときに使える英会話をハリー杉山から学びます。二人のどんな寸劇が繰り広げられるのか…? 次回も聴くしかNice one!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「POP OF THE WORLD」
放送日時:毎週土曜 6時−8時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/popworld/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。