体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

きゅんきゅん~じいちゃんばあちゃんから学ぶ恋愛学~vol.1

%e7%94%bb%e5%83%8f1

みんな、 今、きゅんきゅんしてる?

結婚した夫婦の、3組に1組が離婚をしている現在の日本。いろんな状況や事情があるけど、なんだか悲しくなるなぁ。実は、私は普段特別養護老人ホームという場所で働いているのですが、「認知症の配偶者を自分で介護したいけど、心も身体も限界がきてしまった」と、止むを得ずに配偶者を入所させるというケースを多く見ます。

そこで、介護福祉士であるわたしが聴き手として、そんな離れ離れで暮らすご夫婦の繋ぎ役になり、お2人の『きゅんきゅん』してしまうような時間を、どこかに残していけたらなと思い、今回新特集として認知症ONLINEからスタートさせることになりました!!

今回は新特集の記念すべき第1弾です!!というわけで、インタビュアーは、都内の特別養護老人ホームで働く21歳現役介護福祉士の私、陽那と、カメラマンは、世界のフォトグラファー、ヒロキがお送りいたします。なんとわたしの実の祖父母の住む群馬県桐生市に旅してきました!!

★インタビュアー

%e5%b7%9d%e4%b8%8a%e6%a7%98%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab-crop
●川上 陽那(かわかみ はるな)

介護福祉士。2015年に介護福祉士養成校を卒業後、20歳で上京し、都内の特別養護老人ホームに勤務。今年で2年目。2015年11月に都内の介護系イベントに登壇。2016年1月に中央法規出版「おはよう21」の3月号の表紙とインタビューを受ける。2016年3月に公開された、国境を越えた仕事(介護)を描いた映画「つむぐもの」に大きな影響を受ける。現在は施設に勤務しながら、自分が現場で体験していることと世の中の情報とのギャップを埋めるための活動をしている。旅が大好きで、将来は世界で働く「旅する介護福祉士」を目指す。

★カメラマン

%e8%bf%91%e8%97%a4%e6%a7%98%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab-crop
●近藤 浩紀(こんどう ひろき)

携帯電話にカメラが付属し始めた頃から撮影する事に興味を覚える。2011年に​シドニーに語学留学中、またとない時間を綺麗に写真に残しておきたいと思い現地にて一眼レフを購入。2012年帰国後、独学にてカメラの技術力を高める。2013年に総務省発刊のStatistical Handbook of Japan 2013に掲載される。2014年、”The Blue Universe”がNational Geographic Photo Contest 2014 Week 3にノミネート、National Geographic Photo of the Day(2014.10.24)をきっかけに全世界で紹介される。2015年、”The Blue Universe”がトルコ国営航空Turkish Airlinesの機内誌”Skylife”2015年9月号に掲載される。現在は福祉業界の行政、NPO、事業所を中心に、雑誌やイベントなどの撮影を行っている。Facebookホームページに作品掲載中。

1 2 3 4 5次のページ
認知症ONLINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy