ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

メスが働いている間にオスはひなたぼっこ!? リスの生態が衝撃的すぎる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アラスカに生息しているホッキョクジリスのオスは、メスが働いている間「ゴロゴロする」か「日向ぼっこをする」以外、何もしていないとする調査結果が発表された。

「ミラー」によると、メスがエサとなる木の実を収穫したり、子リスの面倒を見たりしている間、オスは滅多に巣穴から出てこないという。

オスが危険をおかして地面へ出てくるのは、ひきこもりにより冷えた体を温め直すためとのこと。小型哺乳類が休眠のため、受身的に体を温め直す行動を取ることは一般的に報告されている。

ノーザン・アリゾナ大学の研究者らは、アラスカに生息する約50匹のホッキョクジリスに首輪をし、追跡調査を行った。

メスは平均で1日約3時間から6時間未満を地面で過ごすが、その間かなり活動的である。オスに比べてより短時間でエサを集め、外敵にも気をつけ……などなど様々な事をしなければならないからだ。

調査では「オスは、何のために地面に出てきているのか定かではない。縄張りをつくったり維持したりといった社会的な活動をしている可能性もある」とする一方、「それ以外の時間は、ただ怠けているか日にあたっているだけとみられる」としている。

一説ではメスは子どもに乳を与えるため、より多くエサを食べる必要があるとされるが、オスはメスをさらなる危険にさらしながらも、自らが外敵に襲われないよう「リスク回避行動」を取っている可能性もあるという。

■フォトギャラリー
【ギャラリー】気合入りまくり!セレブ達のハロウィンコスプレ【フォト集】122
■フォトギャラリー
【ギャラリー】愛猫&愛犬が写真に写りこんだ瞬間【おもしろフォト集】125
■参照リンク
http://www.mirror.co.uk/

関連記事リンク(外部サイト)

マキシマム ザ ホルモン亮くん、結婚式にも便所サンダルで出席してカッコよすぎる
元ジュディマリTAKUYAの直球すぎる警告が話題に「アイドルだけが売れる音楽業界はヤバい」

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP