ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

菜食主義者必見!ベジタリアンのためのレストラン情報サイト「Vegewel」でヘルシーな食生活を

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界各地で6億人はいるというベジタリアン。ヘルス志向の影響もあって、その数は近年、急速に増え続けている。国内でもマクロビやローフードが、メディアを中心に大人気。新たなライフスタイルとして、定着しつつある。

それにも関わらず、日本ではベジタリアンが安心して食事できる場所は、まだまだ少ないのが現状。菜食主義者の多い訪日外国人の食を解決するためにも、早急に取り組みたい課題だ。

その対策第一歩は、やはり情報だろう。そこに着目したのが、リリース間もない「Vegewel(ベジウェル)」。訪日客を含む菜食主義者が、日本国内で安心して食事ができる環境をめざして立ち上げた、ベジタリアン向けレストラン情報サイトだ。

・全国7都市のベジタリアンレストランを掲載

現在掲載されているエリアは、東京、大阪、名古屋、京都、千葉、横浜、北海道の7都市。まだ情報はないが、沖縄も追加される予定だ。

エリアをクリックすると、店舗を提示。行きたい店が決まったら、さらにクリック。ジャンルやアクセスマップなど、詳細が映し出されるようになっている。

・掲載店舗は随時募集中

立ち上がったばかりのサービスのため、今は掲載店舗を募集している最中。すべてがベジタリアン対応である必要はなく、野菜や豆腐を使ったメニューを積極的に取り入れているならば、掲載条件はクリアとなるようだ。

ベジタリアンならずとも、気になるこのサイト。女子会やデートにも、十分活用できそうだ。

Vegewel

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP