ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

寝る前なのに小腹が空いた!食べてもOKなものを教えて!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夜遅くや寝る前に食べてはいけないとわかっていても、テレビを観たり本を読んだりしていてると小腹が空いたり、美味しそうな料理の情報に食欲が刺激されてしまうのはよくあること。我慢できない夜の食欲をやさしく満たしてくれる食べ物はないのか?!食べないにこしたことはありませんが、どうしても、の時のためにギリギリOKな食べ物を調べてみました。

食べたほうが質の良い眠りになることも…

空腹を我慢して眠ろうとすると血糖値が低下して脳内の神経細胞が働き、脳が覚醒状態になってしまうことがあるようです。我慢すればするほど眠れなくなったらそのサイン。それなら胃腸にはやさしく、脂肪を蓄えず、脳をリラックスさせる食べ物を食べたほうが安眠効果もあってストレスにもなりません。夜間に作業をしている人もエネルギーを使っているので空腹になるのは必然です。食べるかどうかはこのあたりの情報で判断してくださいね。

夜食に食べてもかろうじてOKなもの

夜食にOKな条件とは「カロリーが低く、消化が良く、温かい」の3つを満たしているものがよいといえます。カロリーは200kcal以下のもの(ごはん茶碗一杯がおよそ200kcal)。胃腸に負担がかからず、早食いしにくく体を温めるもの。安眠効果があるトリプトファンを含むバナナを潰してホットミルクに入れたり、お豆腐をお茶漬けにしたもの、温かいうどんやそば、きのこと野菜と卵のスープ、ホットヨーグルト、スープ春雨、おかゆなどが優秀です。コンビニに寄ってしまったら、おでんコーナーへ。大根やこんにゃく、しらたき、はんぺんやちくわならカロリーも低く胃に負担もかかりません。甘いものが欲しい時はココアやハチミツ入りホットミルクなどがよいでしょう。

誘惑に負けてはいけないものも覚えておこう!

ファストフードなどの油分が多い食事はカロリーが高く太りやすいばかりでなく、消化が悪いので胃腸に負担がかかります。便秘や肌荒れの原因にも。香辛料が多いもの、辛いものも胃腸に刺激を与え興奮する作用もあるため寝る前にはおすすめできません。体に良さそうな食べ物でも食物繊維が多い野菜類(さつまいも、ごぼうなど)は消化が遅く胃腸に長くとどまるため夜食には向いていないといえます。カップ麺やスナック菓子は少量であってもNG! なんとかそれ以外のものを探してくださいね。

太ることや便秘が気になるのであれば、やはり夜食は控えたほうがいいです。でもどうしてもお腹が空いてしまったら、我慢のし過ぎでドカ食いしてしまうより、体にやさしい夜食を摂り入れてみてくださいね。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP