ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ネット職人たちのネタの宝庫】大統領選「トランプ VS ヒラリー」のマッシュアップ動画が続々アップされ大人気

DATE:
  • ガジェット通信を≫

残り一ヶ月を切ったアメリカ大統領戦「トランプ vs ヒラリー」。

トランプの過去の失言が一気に噴出し大きく後退したように見えるが、ヒラリー候補もスキャンダルに関しては予断を許さない雰囲気もあるため、過去例に見ぬ中傷合戦が最後の最後まで争点になりそう。

そんな中10月9日のディベートの模様を80年台後半大ヒットした映画『ダーティ・ダンシング』の映像にかぶせた見事なMad映像が大拡散人気を博したが、この2人の対決に関する音楽絡みの映像は定期的に登場し、話題をさらってきた。

https://youtu.be/R8Wde1fFvPg

『ダーティー・ダンシング』のパロディ映像。討論会放送時、2人の立ち位置や所作や写真から「まるでデュエットみたい」という意見が続出していたのが切っ掛けだが、うまい具合に口の動きなどを補正してみたら見事にはまったという職人技。

最初の討論会の時には、ブロンディのデボラ・ハリーとクリス・シュタインが、2人のディベートの切り刻んで作った新曲にゲスト参加。この本人たちもノリノリで出演したマッシュアップ映像を作ったのはブルックリンのユニット、グレゴリー・ブラザーズ。割とロボットボイス化すれば大概の演説がラップ化するとはいえ、トランプもヒラリーも音楽素材の観点から見てかなり使い易い印象だ。

https://youtu.be/95AR87ciruc

その他にも、スロー再生したキラーワードをチルウェイヴ風に仕上げたヴァージョンなども人気を博しYouTube上でかなりの再生数を誇っている。

https://youtu.be/DlSgq-ghjGw

ウィキリークスでお馴染みのアサンジ氏が「ヒラリーに関する重大情報」を大統領選まで定期的にぶっ放すと宣言したりと、トランプ周辺のみならず最後まで泥沼状態の「アメリカ大統領選2016」。
これらの秀逸な風刺音楽の数々は、もはやネタとして楽しむしか方法がない国民たちの悲痛な叫びのようにも聞こえる。

関連記事リンク(外部サイト)

​マジで強い!カバ裏最強説再び 凶悪なサメを瞬殺で一蹴【動画】
藤原竜也の趣味は飲む・打つ・買う!昭和すぎて「ガチのカイジ」だとネット上で話題に

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP