体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

短編フリーホラーゲーム『ジギ』 深い森に迷う「偽りの親子」の物語

ツバキとディアは「家族」。だけど本当の家族じゃない。でも、「親子」。
そんな不思議な関係をずっと続けていたある日、ディアが行方不明となってしまう。
「母親」のツバキはディアを探しに、神隠しが頻繁に起こるという、森の奥へと足を踏み込むが・・

公式サイトより引用

 
今回はフリーホラーゲーム『ジギ』を紹介。本作は、ホラーアドベンチャーゲームを制作しているいるあんこ氏の作品。物語としては、血の繋がった家族ではない「親子」の物語が描かれるアドベンチャーだ。

短編ながらも、恐怖と雰囲気・世界観を十分に味わうことができ、特徴的なキャラクターイラストやデザインが魅力的だ。30分ほどでエンディングを迎えるコンパクトにまとまった短編ということもあり、おすすめの作品となっている。

なお、本作の推奨年齢は15才以上となっている。このフリーゲームには制作者の前作「ヒメゴト」に関連する内容が含まれるが、本作単独でも楽しむことができる。

「子供」を追って深い森の中へ

本作の主人公である「母親」のツバキは、「子供」であるディアを探しに深い森にやってくる。森の中でツバキは、さまざまな奇怪な現象に遭遇しつつ、ディアを見つけるために森の奥へと進むが……。

ゲームシステムとしては、オーソドックスな探索アドベンチャーとなっている。マップは基本的には一本道となっており、森の奥へと進みつつ、調べていくことで進んでいく。途中には謎解きの要素もあるため、情報を読み解くことも求められるが、難度が高いものは存在しないため、ヒントを読み解けばクリアまでたどり着くことができるだろう。

フリーホラーゲーム ジギ
森の入り口で聞こえる声

フリーホラーゲーム ジギ
メニュー画面などのUIも丁寧に作られている

探索中は、森の奥へ進むための謎解きだけではなく、この物語の背景をより深く知るためのアイテムも存在する。森に落ちている「日記」や、ツバキの姿を模した人形などだ。これらを調べることで、本作の独特な雰囲気を楽しむことができるだろう。

たとえば日記を調べると、おそらくはディアが書いたと思われるような内容が綴られている。これはゲームクリアのためには特に必要のないものだが、物語をより深く楽しむためのアイテムとなっている。

フリーホラーゲーム ジギ
「母」に関する日記。これは何を意味しているのだろうか

フリーホラーゲーム ジギ
「母」であることに対して、ツバキは……

目の前に現れるのは現実か、幻惑か

探索中には、森に存在する謎の怪物の姿も。舞台となる森は、人に幻惑を見せる森だというが、果たして物語の中でツバキの目の前に現れるものすべては、真実なのだろうか、それとも……。

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。