ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タイと言えば食べ歩き!串焼き屋台で焼き鳥を買いまくってみた。

  • ガジェット通信を≫



串焼き屋台

決めうちで有名なお店へ行くのもいいけど、タイの魅力はやっぱり食べ歩き!一期一会!
というわけでテーマを「串焼き料理」に絞って攻めてみた時の写真がコチラ(^o^)


たまたま立ち寄ったのがモーチット駅近くだったので、その辺でお店を散策。するとありました!
カメラをむけるとこの笑顔。おっちゃんむっちゃいい人っぽい。
この辺はイサーン(東北地方)へ行くバス乗り場(モーチットマイ)に近いためか、こういう庶民派移動屋台が多い気がする。


全然別の場所でも買ってみた。ここはお肉の種類が超充実していた。


じゃじゃんとこのとおり!うーんかなり魅力的やね!
この手のお店でこういう風にいっぱいお肉を置いちゃってるお店は、
当然のことながらある程度焼いてしばらく経ったものは冷えている。
しかし、そんな時は慌てず騒がず「ウンダイマイ?」(温めることができますか?)
と聞いてみるといい。たいていの場合網でチリチリ焼いて温めなおしてくれるよ〜。


そんなわけで…適当に見繕って買って来たのがこちら!
もち米がわりにカオジー(左の黄色くて丸いやつ。もち米で作った焼きおにぎりみたいなもの)も買って来たよ〜!


注目すべきはこちら!一見ネームの焼いたやつみたいだけど…


ぱくっと食べてみると!中には一本プリックキーヌーが!
オウ!イッツホット!!
刺激的でおいしかった。


他に買ったのは…うーんこれは調味液につけた豚肉かな?


これはソーセージ。だけど食べてみたらサイウア(タイ北部のカレーソーセージ)風味だった。
おっさん…なかなか芸が細かい!
ただ切った肉を串に刺して焼いてたわけではなかった。けっこうやるな!


これは、手羽先のさらに先っぽかな? 骨ばってる部分だけどその分安い。


そしてこれは、もち米入り。こういう見た目のやつも、もち米入りだったり春雨入りだったり、辛かったり酸っぱかったったりと結構バリエーションがあるのだ。見た目じゃ判別つかないけどね〜。

串焼き屋台って、地味だけどお店の個性が結構光る。ボーッと客が来るのを見て、ただ売っているだけの店もあれば、お肉の硬い部分をわざわざハサミでちょきちょき切って食感をよくして出している店もある。駅前でサラリーマン狙いの店もあれば、学校帰りの学生狙いの店もある。千差万別やね!

みなさんもぜひトライして、お気に入りのお店をみつけてみてね〜。(^o^)

お店の種類    : 串焼き屋台の店
この料理のレア度 : ★☆☆☆☆☆(=どこでも見かけるポピュラーな料理)
出会った場所   : BTSモーチット駅近く。移動店舗のため再訪は難しい。

街かどタイ料理! - トムヤムBlog -の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP