体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『スーパーカップ大盛り よっちゃん風いか焼そば』ロングセラー駄菓子とコラボした酸っぱい焼そばを実食!

cr7_8134

1977年誕生の酢漬けイカ駄菓子「カットよっちゃん」と大盛りシーンの火付け役「スーパーカップ 大盛りいか焼そば」がコラボして『スーパーカップ大盛り よっちゃん食品工業監修 よっちゃん風いか焼そば』が誕生。エースコックより発売前に特別に提供してもらえたので、食べてみた!

「カットよっちゃん」実物が入っているわけではなく、焼そばで味わいを再現した異色作!

♪スルメじゃないよ、酢漬けイカ という民謡調の印象的なメロディーと独特な歌詞のCMで1977年(昭和52年)の誕生から、駄菓子シーンに君臨し続けている酸っぱいイカのお菓子が「カットよっちゃん」。今ではコンビニでも気軽に手に入ることもあって、知っている人も多いとおもう。ちなみに1977年は王貞治がホームラン世界新記録・756号を達成し、ピンク・レディーが最初のヒット曲「ペッパー警部」を出した年。

cr7_8143

一方「スーパーカップ 大盛りいか焼そば」は大盛りブームの火付け役と言われるロングセラー商品で、がっつり空腹のお供として大人気。

ikayakisoba

その二大人気者のコラボで生まれたのが、エースコック『スーパーカップ大盛り よっちゃん食品工業監修 よっちゃん風いか焼そば』(158gうち麺130g・希望小売価格 税抜220円・2016年10月17日発売)。ちなみに「カットよっちゃん」CMはこんな感じ。

 

ちなみにパッケージの右下に”当商品は「カットよっちゃん」を使用した商品ではありません”と書いてあるので、期待していた人は注意。麺は丸刃仕上げの弾力のある油揚げ麺で、量は「スーパーカップ 大盛りいか焼そば」と同じ130gの大盛りサイズ。

cr7_8146
今回は検証のために「カットよっちゃん」を買って来た。

cr7_8155

食べてみるとまあ酸っぱいけれど、さほどでもない。イカの風味と旨味とホロホロした食感のチップ。

cr7_8161
湯戻し時間は3分。かやくはイカのみで先入れするのだが、これが非常にイカ臭いイカチップ。この時点では酸味はない。

cr7_8166
1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy