ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元広島・木下富雄、長内孝 焼き鳥店オーナーの現在

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 広島カープ25年ぶりの優勝を新天地で祝福した往年の鯉戦士たちのもとを訪ねた。

 1980年の日本シリーズでは第5戦から先発起用され、優秀選手賞を受賞。「パンチョ」の愛称で親しまれ、選手、コーチとして6度の優勝を経験した木下富雄(65)は32歳の頃、自分ではなくティム・アイルランドを先発で使う古葉竹識監督の起用法に不満を抱いていた。

「落ち着いて考えると、どこでも守れて、何番でも打てる自分のような便利な選手はいない。自分が監督でもベンチに置いておきたいと悟りを開いた」

 古葉監督が退任する1985年、広島市民球場のトイレで一緒になった。「おまえの給料を抑えていたのは俺だな。毎年、他球団から『レギュラーで使いたい』とトレードの話があったけど、全部断わっていた」と明かされた。自分の野球人生に間違いはなかったと確信できた瞬間だった。

 2005年限りで二軍監督を退任後、妻のいとこが始めた焼き鳥チェーン『カープ鳥』の店舗オーナーになった。ある時、見慣れない客が訪れた。二軍監督時代に鍛え抜いて、再生させた東出輝裕の父親だった。「今の息子があるのは、木下さんのおかげです」と感謝された。

「FAせず、広島残留を決めた直後に来てくれた。二軍監督をやらせてもらって良かったなと心底思いましたね」

 優勝翌日は焼き鳥全品とドリンクを無料提供し、最大2時間20分待ちに。

「9月は特に忙しくて5キロも痩せた」と笑った。

 同じく『カープ鳥』の店舗オーナーになった長内孝(59)も、黄金時代を知る一人だ。1983年、阪急から移籍の加藤秀司を押しのけ、一塁のポジションを獲得。入団以来、毎日1000スイングを続けた努力が花開いた。古葉監督から「3番で行くぞ。外国人取らないから」と確約された翌シーズンは不調に陥り、新人の小早川毅彦にレギュラーを奪われる。それでも、阪急との日本シリーズ第7戦、1点リードを許して迎えた6回表2死満塁の場面で、一塁線の打球にグラブを伸ばして大ファインプレー。逆転日本一を手繰り寄せた。

「オフになって、右手を骨折していたと気付いた。シーズン中に『腕が腫れてグローブに手が入らんのです』と伝えても、コーチに『行け!』といわれた。痛くても休めない雰囲気があった」

 12年間務めたコーチを退任後、2006年に『カープ鳥』で半年間修業。強面で、自らも「人と話すのが上手じゃない」という長内は20歳近く年下の店長に教えを請うた。コーチ時代と180度逆転した立場に戸惑いはなかったか。

「全くないですね。この業界では一番下なわけだし、何も知らない自分に教えてくれるわけですから。今でも、師匠には『さん』付けですよ」

 汗を拭いながら懸命に焼き鳥を作る姿は、猛練習に耐えて栄光を勝ち取ったカープ戦士の生き様そのものだった。

 優勝は店内のテレビで観戦。あと1アウトの場面で客に「座って見んさい」とカウンター席に招かれ、胴上げ後に樽酒で乾杯したという。

(文中敬称略)

●取材・文/岡野誠 撮影/藤岡雅樹

※週刊ポスト2016年10月28日号

【関連記事】
【プロ野球コーチの役割】ヘッドコーチ編 監督退場時は代役
CS出場狙う広島・野村監督 3位争い正念場で勝っても笑顔なし
3年前のアギーレ氏疑惑把握しなかった協会を釜本邦茂氏批判

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP