体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本では考えられない3か国が交わる国境の街「イグアス―」をレポート!

世界三大瀑布“イグアスーの滝”がある、イグアスーはブラジル、アルゼンチン、そしてパラグアイの3ヶ国の国境が集まる場所で、ブラジルの“フォズ ド イグアスー”にあるショッピングモールでは、3カ国のナンバーが並んでいるといったことも。

 


イグアスの滝 PAVONE 2012-01-20 発売号
Fujisan.co.jpより

今回は、ブラジルのイグアスーから、アルゼンチンのブエノスアイレスを目指す際に通ったアルゼンチンのイグアスー“プエルト イグアスー”という街について紹介させていただきます。

 

ブラジルの“Iguaçu”とアルゼンチンの“Iguazú”

(Puerto Iguazúのバスターミナル。)

 

ブラジルのイグアスーからアルゼンチンのブエノスアイレスを目指す際、ブラジル側のバスターミナルから直接行く方法と、一度アルゼンチンのイグアスーに行き、そこからブエノスアイレスを目指すという方法があります。一度アルゼンチンに入る方法では、まず国境までバスかタクシーで行きます。

 

私の場合、乗ったタクシーがブラジル国内しか走れないらしく、国境で降ろされ、イミグレーションを済ませてからブラジルから徒歩1分のアルゼンチンでバスを待っていました。バスに乗ると、イミグレーションを済ませるバス停に着き、再度イミグレーションをすることになりました。

 

そして、ついにイグアスー(ブラジル)から、イグアスー(アルゼンチン)に行くことが出来ました。「Obrigado」から「Gracias」になった瞬間は、なんとも言えない面白さがありました。

 

国境では両替する必要なし!レアルとペソが使用可能!

(ターミナル近くのスーパーで、レアルでお買い物。)

 

 

プエルト イグアスーのターミナルに着き、バスの出発まで1時間ほどあったので、近くを散策することに。この時まだ手元にアルゼンチンのお金がなかったので、銀行を探すついでにウロウロしていました。

 

その時にターミナル近くで見つけたスーパーマーケットで、ダメもとで「レアルは使えますか?」と聞くと「OKだよ」とのこと。大きなスーパーだったので、今度は小さなキオスクでも試してみることに。

 

お店の大きさに関係なく、OKとなり、キオスクでは、「書いてある値段を4で割ってね」と教えてくれました。

 

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会