体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[澤穂希さんインタビュー]来年1月に第一子を出産予定。いつか母親になるために、20代のころから実践していたこととは

f:id:akasuguedi:20161013101536j:plain

アメリカでは、恥ずかしくて婦人科検診をドタキャン

いつか母親になりたいという希望はずっと持っていて、20歳くらいの頃から基礎体温を測ったり、わりとしっかり準備はしてきた方だと思います。というのも、一時期アメリカのチームにいたのですが、そこでは、10代のうちから婦人科検診を受けることが当たり前でした。でも、婦人科検診って聞くと、やっぱり恥ずかしいじゃないですか。ちょっと怖い感じもしたので、まだ言葉もよく分からなかった最初の頃にドタキャンしたことがあって。後でトレーナーにすごく怒られました(笑)。

でもだんだん、特に女性アスリートは、自分の体の状態を知ることがとても大切なんだということが分かってきました。中には、激しいトレーニングで体脂肪が減りすぎて生理不順になったり、婦人科系に支障が出たりする選手もいましたし、排卵日に靭帯を痛めやすいとか、ケガが多くなるということもトレーナーに言われていましたので、基礎体温を測ることにしました。基礎体温を測っていれば、自分の周期が分かって、いいコンディションで試合に出るための準備も出来るし、ちゃんと排卵しているかということも分かります。

日本では、薬を飲むことに抵抗がある人も多いかもしれませんが、アメリカではピルを飲んで排卵をコントロールするのはわりと一般的で、私もそうやってコントロールしていました。

私自身はそんなに生理が重いということはなかったんですが、人によっては生理で具合が悪くなる人もいて、試合に重なると大変なんです。選手として活動しているうちは、予定外の妊娠も避けなければいけないですし。あと、試合で白い短パンを履くことが多いので、そういうところにも気を遣うんです。

後輩にも婦人科検診をすすめている澤さん。

当たり前のこととして浸透して欲しいという強い思い

日本に帰ってから婦人科の先生と話をした時、日本では婦人科の検診に来る人はまだまだ少ないということを聞きました。後輩たちには、早いうちから婦人科検診を受けたり、基礎体温を測ることをすすめているのですが、「まだ若いから」とか、「ちょっと恥ずかしいから自分はいいや」という感じで、あまりピンと来ていない後輩もいます。

でも、体が健康でないと好きなこともできないですし、将来、結婚して子供を持ちたいという希望があれば、早いうちから検診は受けておいた方がいいと思います。スポーツ選手でなくても検診はおすすめしたいです。確かに恥ずかしいし、億劫だなと思いますが、それはもう一瞬のことですから(笑)。自分にもそう言い聞かせていました。婦人科検診が、当たり前のこととして浸透すればいいなと思います。

一時期は葛藤も。でも、その時々で自分に必要なことを選ぶのがベストな道

私の場合は、30代までサッカーを続けて来たわけですが、チームメイトの中には、20代の早いうちに結婚して出産して、まわりの協力を得ながら子育てをしつつ、サッカーに復帰した選手もいます。それぞれにベストなタイミングってあると思います。

私の場合はサッカーですが、仕事に打ち込みたいという気持ちと、早く結婚して子供を持ちたいという気持ち、両方の気持ちがよく分かります。女性だったら、絶対悩むところではないでしょうか。正直、私も葛藤した時期はありました。でも、その時々で自分に必要なことを選ぶということがベストな道なんじゃないかと思います。でも、悩みますよね。よく分かります。

f:id:akasuguedi:20161013101719j:plain

何でもざっくばらんに話す夫との関係

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。