体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【20代の不格好経験】3年サイクルで仕事環境を変え、その都度失敗と挫折を繰り返してきた~株式会社ソラコム代表取締役社長 玉川憲さん

今、ビジネスシーンで輝いている20代、30代のリーダーたち。そんな彼らにも、大きな失敗をして苦しんだり、壁にぶつかってもがいたりした経験があり、それらを乗り越えたからこそ、今のキャリアがあるのです。この連載記事は、そんな「失敗談」をリレー形式でご紹介。どんな失敗経験が、どのような糧になったのか、インタビューします。

リレー第20回:株式会社ソラコム代表取締役社長 玉川憲さん

株式会社ファームノート代表取締役 小林晋也さんよりご紹介)

f:id:itorikoitoriko:20161014154722j:plain

(プロフィール)

1976年大阪府生まれ。東京大学工学系大学院機械情報工学科修了後、日本IBM基礎研究所に入社。途中、米国カーネギーメロン大学MBA(経営学修士)修了、同大学MSE(ソフトウェア工学修士)修了。2010年にアマゾンデータサービスジャパンにエバンジェリストとして入社、AWS日本市場の立ち上げを技術統括として牽引。2015年株式会社ソラコムを創業、IoT通信プラットフォーム「SORACOM」を展開する。Forbes JAPAN「日本の起業家ランキング2016」特別賞受賞。『IoTプラットフォーム SORACOM入門』『Amazon Web Services クラウドデザインパターン 設計ガイド』『同 実装ガイド』他、著作翻訳多数。

f:id:itorikoitoriko:20161014154726p:plain

▲「SORACOM」は、IoT(Internet of Things)に最適なモバイル通信(3G/LTE)を、リーズナブルに、セキュアに、プログラマブルに提供するIoT通信プラットフォーム。データ通信SIM「SORACOM Air」は、Amazon.co.jpで1枚から購入でき、従量課金でリーズナブルと評判。企業の規模を問わず始めやすい「SORACOM」は、サービス開始1年で、約3000を超える企業に利用されている。 SORACOM企業サイト

ソフトウェア志望だったのに…ハードウェア部門でひたすらハンダ付けする日々

大学院終了後、2000年に日本IBM基礎研究所に就職して以降、3年ぐらいのサイクルで環境をがらりと変え続けてきました。自分から望んで変えた時も、変えざるを得なかった時もありますが、その都度新しい環境で失敗と挫折、そして気づきと学びを繰り返してきました。

2015年に独立し、現在モバイル通信とクラウド一体型のIoT向け通信プラットフォーム「SORACOM」を展開していますが、それまでのさまざまな挫折経験が、全て今につながっていると実感しています。

初めに「失敗したな…」と思ったのは、日本IBM基礎研究所でハードウェア部門に配属されたとき。大学院でバーチャルリアリティの研究に没頭し、ソフトウェアテクノロジーに無限の可能性を感じていたので、当然ソフトウェア部門に配属されると思っていたんです。なのに、いきなりハンダごてを手渡されて、ハンダ付けをやれと言われ…「こんなことをやるために、ここに来たわけじゃない!」と所長に直訴しました。

すると、「まずは3年間やってみろ。やってみないことには、何もわからないのだから」と、丁寧に諭されまして(笑)。根が単純なので、「言われてみれば、そりゃそうだな」と。何らかの成果を出したうえで言うべきことだったと考え直しました。

結果的に、ハードウェアの研究部門ではとても貴重な経験をさせていただきました。腕時計型のウェアラブルコンピュータの研究開発に携わったのですが、やってみるとこれがとても面白い。チームメンバーは5人と少数精鋭で、皆スーパーエンジニアばかり。毎日刺激を受けながら研究に没頭することができました。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy