ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ルパン三世原作50周年記念、不朽の名作『ルパン三世 カリオストロの城』が超迫力のMX4D版で甦る!2017年1月公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ルパン三世原作50周年記念、不朽の名作『ルパン三世 カリオストロの城』が超迫力のMX4D版で甦る!2017年1月公開

1979年にアニメ「ルパン三世」の劇場用長篇第2弾として公開され、絶大な人気を博した不朽の名作『ルパン三世 カリオストロの城』。

日本が誇る名匠・宮崎駿の映画初監督作品としても知られ、世界中に熱狂的なファンを持つ本作がこの度、シートの動き、振動、風、ストロボなどの特殊効果によって臨場感を演出する最新の体感システムであるMX4D版として2017年1月に公開されることが決定した。

ベースとなるのは、2014年に公開されたリマスター版。最新の技術と丁寧な手作業によりフィルムに映り込んだよごれや、ゴミを取り除き、音もノイズを取り除いて5.1ch化。3D(立体化)はしていないものの、その素晴らしい映像、音響に加えて、今回、ソニービジネスソリューション/ダイナモアミューズメント両社によるMX4Dならではの特殊効果が徹底的に加えられた。

1971年より一貫してアニメ『ルパン三世』を制作してきたトムス・エンタテインメントは、拳銃などリアルな設定を取り入れ、日本初となるテレビアニメのステレオ音声化に取り組むなど『ルパン』を通じて先進的な試みに常に挑戦し続けてた。『カリオストロの城』はテレビで何度も放送されてきた屈指の名作、映画としての迫力を極限までファンの皆様に伝えようというトムス・エンタテインメントの新たな取り組みがMX4D版である。

多くの映画人にも影響を与えたとされるカーアクションをはじめとする、迫力あるアクションシーンの数々もMX4Dならではの臨場感で甦る、2017年必見の作品となる。

【MX4Dとは】
“MediaMation MX4D™”とは、エンタテインメントの本場米国ロサンゼルスに本社を構え、4D/5Dモーション・エフェクト・シアターとシートの特許を持ったリーディングサプライヤーであるMediaMation社が開発した、3D映画を超える最新の「体感型」4Dシアターシステムで、国内においては、ソニービジネスソリューションが販売代理店として、施工・保守・プログラム制作を展開している。映画のシーンに合わせて客席のシートが、前後、左右、上下に動くとともに風、ミスト、ストロボ、煙や振動など、五感を刺激する特殊効果があり、これらが連動することによって、通常のシアターでは決して味わえない「アトラクション型の映画鑑賞スタイル」を実現。

2017年1月、TOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー
原作:モンキー・パンチ (C)TMS

■フォトギャラリー
【ギャラリー】気合入りまくり!セレブ達のハロウィンコスプレ【フォト集】122
■フォトギャラリー
【ギャラリー】愛猫&愛犬が写真に写りこんだ瞬間【おもしろフォト集】125

関連記事リンク(外部サイト)

「イケてなさ」もモチベーションに  Creepy Nuts(R
殺人恐竜は映画『ジュラシック・パーク』シリーズで何人殺しまくったか?【動画】
パンクヒーロー・横山健のMステ出演がカッコよすぎる「若い子にバンドに興味もって欲しい」
『マッドマックス』のイカれた改造車を創造した男に直撃!今回も撮影中に死者が出た?
実録ギャング映画!ジョニー・デップが暗黒街の凶悪首領、その弟にカンバーバッチ 『ブラック・スキャンダル』日本公開決定

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。