体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドラマチックアラスカのマルオカケンジ(B)が脱退、新メンバー2名が正式加入へ

2016年2月から現在まで怪我の療養のため活動を休止していたドラマチックアラスカのオリジナルメンバー・マルオカケンジ(B)が、10月14日をもってバンドを脱退することがわかった。
ドラマチックアラスカ (okmusic UP's)
また、10月15日(土)の熊本ライブより、現在サポートを務めているタケムラカズキ(B)とサワヤナギマサタカ(G)の2名がドラマチックアラスカに正式加入することも同時に発表された。

それに伴い、新しいアーティスト写真も公開。今回もカメラマンの橋本塁(SOUND SHOOTER)が撮影を担当し、ドラマチックアラスカ結成の地・神戸の街をバックに撮影された1枚となっている。

以下、各メンバーよりコメントが届いている。

【メンバーよりコメント】
■マルオカケンジ(B)

いつも応援してくださっている皆様、突然のご報告となり、申し訳ありません。

この度、マルオカはドラマチックアラスカを脱退させていただく事になりました。

その一つ目の理由は、左手の怪我です。

僕は二月末に左手の手首を骨折しまして、

それ以来は治療に専念するためにバンド活動を休止させていただいている状態でした。

しかし、当初は手術を避けてギプスのみによる治療を行っておりましたが、七月になって、このままでは完治が難しいという医師の診断を受け、左手首に骨を移植するという手術を受ける決心をしました。

その手術自体は成功したのですが、今年中は安静にしなければならず、どれほどの後遺症が残るかは分かりません。

また、完治した後でも地道なリハビリは必要であり、今のドラマチックアラスカの活動ペースに見合う演奏ができるのかという不安があります。

現状ですら関係者の方々に多大なご迷惑をおかけしている状態でして、これ以上の迷惑はかけられないというのが正直な気持ちです。

自分自身の心境の変化が二つ目の理由です。

お休みを頂いている間に様々なことを考えました。

自分は将来何をして生きていくのか、生きていきたいのかを考えた時、音楽とは別の、あることを続けていきたいと思うようになりました。

決してバンドや音楽そのものが嫌になった訳ではなく、これまでの自分のやってきた事を否定するつもりはありません。

ただ、このようなモチベーションでバンドを続けることは難しいですし、周りに失礼だと思います。

そのため、バンドを脱退した上で、今の自分がやりたいことに専念したいと考えました。

復帰を心待ちにしていると励ましてくださった方々には申し訳ない気持ちで一杯です。

それでもどうか、前向きに捉えていただければ嬉しいです。

僕には、十代の頃に毎日聴いていて、もはや自分の一部だと感じられる曲があります。

そのような曲を作ることが夢でした。

もし、自分が携わった音楽が誰かの青春の一部になれたのならば、それだけで僕は幸せですし、前へ進めます。

ドラマチックアラスカは、これからも素晴らしい音楽を続けてくれると確信しています。

本当に良いバンドです。もっと高いステージに立てるバンドです。

これからも、ドラマチックアラスカへのご声援をよろしくお願いします。

最後に、一緒に戦ったメンバー、支えてくれたスタッフ陣、お世話になった先輩や元気をくれた後輩、そして応援してくださった方々など、僕と関わってくださった皆様には本当に感謝しています。

ありがとうございました。またどこかで。

■ヒジカタナオト(Vo)

この度、高校生の頃より一緒に活動して来たまるけんくんが

ドラマチックアラスカより脱退する運びとなりました。

急な発表になってしまい、ずっと復帰を心待ちにしてくれていたファンや関係者のみなさまには本当に申し訳ない気持ちでいっぱいで、僕も正直とても悔しいです。

この発表に至るまで、何とか3人で活動を続けられないか、みんなで色んなことを考えました。

まるけんくんが良くなることを信じて、色んな方がサポートを務めてくれたおかげで、ケガで休止をした2月以降ライブを一度もキャンセルすることなく活動を続けることができました。

それでもやはりケガの経過が悪く、元通り精密な動きができるのか分からないこと、その間に、デビューからほぼ休みなく学業とバンド活動の両立を続けてきた(公表はしてなかったですが。。。)まるけんくんにとって、自分自身の人生について考える時間がじっくりと出来て新しい道に進む決断に至ったこと、2つの理由があって、この度脱退することになりました。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy