ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『スター・トレック BEYOND』スポック&ボーンズの友情がアツい!と思いきや・・・?!ニヤニヤ必至の劇中クリップ到着

DATE:
  • ガジェット通信を≫

誰もが知る人気コンテンツを、壮大なスペクタクルとドラマティックなストーリーによって塗り替えた全く新しいSFアクション超大作シリーズ最新作『スター・トレック BEYOND』が10月21日(金)より公開される。『ワイルド・スピード』シリーズのジャスティン・リン監督と、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のJ・J・エイブラムスが初タッグを組むことで、両シリーズの醍醐味である前代未聞のアクションと、空前のスケールが融合し、まさに夢の映画として仕上がっている。

この度、そんな本作から、エンタープライズ号のクルー、スポック(ザッカリー・クイント)とボーンズ(カール・アーバン)の名(?)コンビが登場する、劇中クリップ映像が到着した。感動のシーンが一変、まるでコントのようなオチが待ち受けており、思わず「おいおい!」と突っ込みたくなってしまうかも?!

https://youtu.be/9bUMvaS39-Y

本作では、最恐の敵クラール(イドリス・エルバ)率いるエイリアンがエンタープライズ号に襲い掛かり、エンタープライズ号は破壊されクルーが離れ離れになってしまう。スポックとボーンズは、一緒に脱出することに成功。そんな2人は、ザッカリーが「代々、ボーンズとスポックは根本から違うんだ。カークとスポックは同じコインの両面という感じだが、ボーンズとスポックは行動原理がまったく正反対になっている」と証言するように、性格が全く嚙み合わない。本映像は、生き延びるために2人が助け合うとても珍しいシーンだ。

クラールの攻撃で共に負傷している中、傷が深いスポックは「一人で行け」とボーンズに言い放つ。しかし、医療部長でもあるボーンズは「立派な意見だが断る」と見捨てることなくスポックを抱えながら先に進んでいく。

ところが、目の前にクラール率いる敵陣の戦闘機が現れ絶体絶命の大ピンチに!アーバンが「これまでに見たことがないボーンズとスポックの関係性を目にすることになる」と説明するように、実はお互いに敬意を抱いていたことを告白する感動的な展開へと発展していく…。お互いの内なる気持ちを素直に吐き出したことで、「死ぬ時も孤独じゃない」と覚悟を決めたボーンズのシーンは、感動的で緊張感が最高潮になるはず…が、その瞬間、スポックだけがまさかのワープ!!!

ハラハラドキドキの感動シーンが一変、振り返るとそこにスポックの姿は無く、ボーンズは「結局あいつは…」と多少キレ気味につっこむ。緊張感の中にユーモアが上手く盛り込まれた、まるでコントのようなお決まりともいえる展開を迎えるシーンだ。

脚本を手掛けたスコッティ役のサイモン・ペッグは、スポックを引き立てる劇的でコミカルな相手を探すにあたり、気難しいボーンズと組ませることを思いついたと振り返る。「スポックとボーンズの関係は、何か言葉をあてるとすれば、いつも『興味が尽きず』とても笑える関係だ。彼らはあらゆる点で正反対だからね。でもその奥にある強い友情を掘り下げたいと思ったんだ」。

一人消えてしまったスポックは一体どこへ消えてしまったのか?そして敵に囲まれる中、一人置いてきぼりにされたボーンズは無事なのか?強い友情で結ばれた(?)2人の行方から目が離せない!

映画『スター・トレック BEYOND』は10月21日(金) 全国公開


(c) 2016 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.STAR TREK and related marks are trademarks of CBS Studios Inc.

■映画『スター・トレック BEYOND』公式サイト
startrek-movie.jp

関連記事リンク(外部サイト)

BRAHMANのTOSHI
子供ドン引き!広島カープのキモいマスコット、スラィリーの目玉がぶっ飛ぶ事故!【動画】
「ガキ使」笑ってはいけない、海外ファンもスゴい 6時間リアルタイム翻訳、実況も
とんねるず石橋貴明が番組中に後輩芸人をガチ説教!カッコよすぎると話題に
実録!米史上最大の汚職を招いたFBI捜査官とギャングの「秘密の協定」 【映画『ブラック・スキャンダル』集中連載②】

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP