ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

坂本美雨 with CANTUS、コーラスアルバム第2弾「Sing with me Ⅱ」のリリースを発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

坂本美雨が聖歌隊・CANTUS(カントゥス)をパートナーにむかえて制作したミニアルバム「Sing with me」に続く、コーラスアルバム第2弾「Sing with me Ⅱ」を12月7日にリリースする。

アレンジ・プロデュースは前作に引き続きアンビエント界の新鋭haruka nakamuraを起用。アルバムテーマは、「日常」「子守唄」。前作の制作を通じて、「歌がより日常的で生活に不可欠なものになってきた」と坂本が語るように、坂本の歌は“自己の表現”から“一番近くにいる大切な人を笑顔にさせる歌”へと変化が生まれている。haruka nakamuraとCANTUSのリーダー・太田美帆から引き出される、坂本の新たな歌の表情はよりナチュラルで優しい響きとなっている。

「いにしえの子守歌」は、ディズニー/ピクサー アニメ映画『メリダとおそろしの森』の日本版エンディングソングとして坂本自身が担当した曲。同曲は2014年放送NHK-FMの「ディズニー特番」で坂本美雨がCANTUSと歌唱し、“坂本美雨with CANTUSプロジェクト”始動のきっかけとなった。今回のプロジェクトの集大成として、本作品の中に是非おさめたいという両者の強い願いもあり収録が実現した。

haruka nakamuraによる、これまでにないアレンジがより新鮮な印象を与えているのは、「The Other Side of Love」。デビューの頃から高音域で歌い上げる曲が多かったこともあり、「坂本美雨といえば透き通る高音ボイス」というイメージが強く、いつからかそれに応えようと歌ってきた坂本美雨。CANTUSとのプロジェクトがスタートした際に、「高音も良いけれど、普段話すような音域の声もすごくいい。話すような声で歌う曲も聞きたい。」というCANTUSの太田美帆からのアドバイスもあり、前作「Sing with me」の録音を通じて、声を抑えて囁くように歌う子守歌にチャレンジした。普段ラジオで彼女の声を聞いている人達を中心に反響も大きく、中音域で歌うことも自分の表現の一つだと思えるようになった。新しく芽生えた歌唱表現への思いとharuka nakamuraが抱いていた「The Other Side of Love」への思い入れが結実し収録が実現した。

数ある候補曲の中で坂本美雨と制作陣が揃って収録を熱望したのが「The Water is Wide」。坂本のナチュラルで優しい声とCANTUSのコーラスワークによって、この曲の持つ賛美歌のような旋律が新たな響きで表現され、haruka nakamuraの静謐なピアノと相まって、穏やかな時間が流れる曲になった。いずれの楽曲も、喧騒とした日々の生活の中でもすっと優しい気持ちを取り戻すことができる、抱擁感に満ちたものとなった。

今回のアルバムリリース情報の解禁とともにアーティスト写真も公開された。撮影は独特な光の捉え方をフィルムに封じ込める写真家・木村和平が担当。ヴィジュアル面でのキーとなった衣装や背景のセットは、映画やミュージックビデオ、舞台などで数々の有名アーティストの衣装を手掛けるデザイナー、スズキタカユキが担当。布で作りだされる絶妙の空間に、渡辺敬之による照明も調和し、坂本美雨の歌声と包み込むコーラスが聴こえてくるかのようなやわらかい世界観が見事に表現された。CDのアートワークにはこれ以外の写真数点も使用される。

リリース情報
アルバム「Sing with me Ⅱ」
2016年12月7日(水)発売
YCCW-10296 2,778円+税
収録予定曲(曲順未定)
ダニー・ボーイ
The Water is wide
ブラームスの子守歌
いにしえの子守歌(ディズニー曲)
メトロポリアンミュージアム(大貫妙子)
遠い町で(宮沢和史)
KISS(ジュディ・シル)
Dream(プリシラ・アーン)
Walking in the air(スノーマンより)
The Other Side of Love(セルフカバー)

関連リンク

坂本美雨 オフィシャルウェブサイトhttp://www.miuskmt.com
坂本美雨 YouTubeオフィシャルチャンネルhttp://www.youtube.com/user/MiuSakamotoOfficial
坂本美雨 オフィシャルTwitterhttps://twitter.com/miusakamoto
坂本美雨 オフィシャルFacebookhttps://www.facebook.com/MiuSakamotoOfficial

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP