ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

秋のメイクはぽってり唇で決まり!プルプルリップを作る3つの成分をご紹介♡

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

秋のメイクはぽってり唇で決まり!プルプルリップを作る3つの成分をご紹介♡
つやつやのお肌にメイクばっちりでも、唇がガサガサではもったいない…!ということで、秋に乾燥しやすいのはズバリ「唇」。お顔の中でも皮膚が薄いパーツとして知られる唇ケアについて考えていきたいと思います。

秋は唇の皮がめくれやすい

真夏は一年の中でも気温が上がり、紫外線も多いのは皆さんご存知だと思います。そしてだんだん涼しくなり過ごしやすく感じてきたと思って油断していると、真夏を耐え抜いたお肌のSOSが皮めくれとなって現れるんですよね。

お顔の中でも皮膚が薄く乾燥しやすい部位が、目元と唇。特に唇は以下のことを抑えておきましょう。

唇のイメージ
・皮脂腺が少なく、皮脂分泌も少ない
・紫外線から守る役割をしているメラニンを作るメラノサイトが少なく、夏に受けた紫外線の影響が出やすい
・日頃食べ物や飲み物を口にする場所なので、水分を奪われやすい

などのデメリットが考えられます。秋になると皮めくれを起こす原因の一つとしてもあげられるのが、真夏に受けた紫外線からくる影響。そんな時は焦らずに、唇の集中ケアを取り入れてみてくださいね!

ぷっくりリップは愛されリップ

人恋しくなるこれからのシーズンに、気になるあの彼とデート。しかし皮めくれがあって、ガサガサリップでは燃える恋も冷めてしまうかも…!

というわけで、どんなことに気をつけて唇ケアをしたら良いのか具体的に見ていきましょう。

リップのイメージ
《3つの解決法》
1、縦にシワが入ってしまう
→よく乾燥してくると陥りやすいのが、縦ジワ。これにアプローチするには、マキシリップという成分が配合されているものを選んでみてください。繊維芽細胞を活性化させるはあたらきがあり、ハリのある唇を取り戻せるのではないでしょうか。

2、なんだか血色が悪い
→こちらは血行不良からくるタイプで、ピンクじゃない唇はなんだか不健康に見えてしまう原因にも。そんな時にはカプサイシンで血行促進UPがポイントです。

3、リップのおすすめ成分は?
→言わずと知れた保湿成分の「ヒアルロン酸」がリップ自体に含まれているアイテムが◎。大切な唇だからこそ、贅沢成分をたっぷり入れてあげることがプルプルへの近道なのです。

終わりに

夏は汗でメイクキープも大変だった!という方も、秋はすごしやすい季節でメイク崩れも少ない。そんな時こそ女度アップで、意中の彼をGETできる予感…♡

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

これだけは知っておきたい!医者いらずの大根は「生」で食べる
【レシピつき】一玉を余裕で食べられる!レタスをたっぷり食べて美肌づくり!
食べてダイエット!秋太りを防げる、たっぷり食べたい秋野菜4選
朝活のススメ!自律神経を生活習慣で調整し、ストレスに強い体をつくる
ほんのちょっとの努力で代謝を高めるコツ5つ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。