ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体の秋冬支度をはじめて冬を元気に迎えよう!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
体の秋冬支度をはじめて冬を元気に迎えよう!

空が高く空気も澄んでいる秋。過ごしやすい季節ですが、冬はそこまで来ています。夏のままのスキンケアや生活習慣では、元気にこれからの季節を迎えることはできません。冬になって泣かないための秋のお肌のお手入れや温活についてまとめてみました。

夏のままだから秋バテする!

夏のダメージでお肌には老廃物が溜まり、体の自律神経の乱れ体温調節がうまくできなくなるのが秋です。秋バテという言葉があるように、季節の変わり目に体調を大きく崩す人は少なくありません。なぜ季節の変わり目に体調を崩しやすい原因の一つに、気候や体調に合わせた微調整が足りないことが考えられます。

秋冬に向けたお肌の準備の方法

夏の間はベタつきが気になってスキンケアもさっぱり重視の人が多いと思います。でも秋からはさっぱりを卒業して保湿とバリア重視のスキンケアにするべきです。この時期に夏のままのスキンケアでいると冬の乾燥にカピカピになって泣くはめに。洗顔と化粧水の後は肌のバリア機能を壊さないように乳液やクリームで蓋をして栄養を閉じ込めます。また、UVクリームも秋冬用の軽いタッチものものに衣替え。ファンデーションも保湿効果のあるものや美容液の含まれているものを選びましょう。お顔だけではありません。髪の毛もトリートメントをしっかり行い、ボディクリームを使って体の保湿も行います。秋からしつこいくらい保湿をスタートすることで冬の乾燥を予防します。

冬を元気に過ごすために温活スタート

まだ冷たい飲み物を飲んでいるならもうやめましょう。せめて常温にします。サンダルや足首を露出するようなファッションもそろそろ控えて、手首、足首、首は保護して温めます。未だ夏の格好をしているようでは、確実に冷えまっしぐら。体の冷えがコリ、生理痛、むくみ、免疫力低下の原因になるのです。夏はシャワー浴だった人も入浴剤を入れた湯船にじっくり浸かって体の中から温めるように心がけましょう。体温が1度下がると基礎代謝が12%も低下し、免疫力も30%下がります。これから風邪やインフルエンザが流行る時期ですから、体温を上げて免疫力もアップしましょう。

加湿器やエアコンをお手入れしてすぐに使えるようにしておくことも大切。今年の冬こそ「冷え性」や「風邪」「インフルエザ」とは無縁に過ごしましょうね!

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。