ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まるで秘密の金庫みたい!スリリングなデザインのキャビネットがとってもクール☆

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年のロンドン・デザインフェスティバルで発表された、スコット・ジャービー氏DELUPO(デルーポ)による「セーフ・キャビネット」が話題です。

外側に取り付けられたハンドルを回してドアを開けるスタイルは、まるで映画や小説に登場する“秘密金庫”みたい。

キャビネットを開けるたび、頭のなかでスパイ映画のBGMが鳴りそう!?

精巧なからくり!?

このキャビネットはアルミニウム製の可動パーツが28個、ハンドカットされた木製パーツが164個、ステンレス製の247個の締め具から成り、およそ数100時間もの時間をかけて作られたそう。

さあ、開けてみよう

ものものしい見た目ですが、こうしてハンドルを回すとドアは簡単に開きます。

というわけで、本物の金庫としては使えませんが、探偵ものやミステリー小説が好きな人ならワクワクするアイテムですよね♪

大きさは885mm x 1380mm x 500mmで、重さは約65kg。

非売品かと思いきや、お値段の交渉次第で入手可能とのことなので、気になる方はオフィシャルサイトからアクセスしてみては?

DELUPO(Safe Cabinet)
https://delupo.com/product-detail-page_safe-cabinet/

インテリア(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP