体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新提案!ビーントゥバーチョコレートと紅茶のペアリング

 


サザビーリーグ「Afternoon Tea TEAROOM(アフタヌーンティー・ティールーム)」とビーントゥバーチョコレート専門店「Minimal-Bean to Bar Chocolate-(ミニマル)」がコラボした「ティー&ミニマルチョコレートセット」が店舗限定、期間限定で発売中(~10月31日まで)。

カカオ豆の仕入れ、焙煎、成形など、全ての工程を工房内で一貫して製造する、ビーントゥバーチョコレート。気候や製造する工程により味わいに個性が生まれるという。チョコレート界のトレンドとして、世界はもとより東京を中心にビーントゥバーチョコレート専門店が続々とオープンしている。

今回、アフタヌーンティーが日本のビーントゥバーチョコレート専門店の先駆けでもある東京・渋谷区富ヶ谷のチョコレート工房兼カフェ「Minimal」に、紅茶にあうビーントゥバーチョコレートの開発を依頼、3種類のチョコレートが完成した。

「ティー&ミニマルチョコレートセットは、マイルドな飲み口と心地よい渋みが特徴のオリジナルブレンドティー「アフタヌーンティー」に合うように、ミニマルが特別にレシピ開発したビーントゥバーチョコレートと紅茶のペアリングセット。

ハイチ産のカカオ61%のチョコだけを使った「ナッティー・ロウライク 」は、アーモンドミルクに似た甘い風味。
ニカラグア産のオパイヨカカオ60%のチョコに牛乳を配合した「フルーティー・ベリーライク」は、ニューヨークで親しまれているチーズケーキを思わせる爽やかな味わい。
ガーナ産カカオとトリニダード・トバゴ産を配合したカカオ67%のチョコを使った「セイボリー・ハーバル」はハチミツに似た豊かな風味。

3種類それぞれの味わいと、ストレートティー、ミルクティーと合わせた時の味わいの変化が楽しもう。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。