ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

国産茶葉の紅茶がキテる!?お茶の伊藤園から国産茶葉を100%使用した「日本の紅茶」限定発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

緑茶飲料などでおなじみの伊藤園から、国産茶葉を100%使用した紅茶飲料「日本の紅茶」が数量限定で販売されています。

「日本の紅茶」は、日本で生産された茶葉を発行させて作った紅茶に黒糖蜜を加えた、渋みが少なく、うまみ豊かな紅茶飲料です。甘みづけに使われているのが黒糖蜜というのも、和の雰囲気がありますね。ちょっとのんびり、リラックスしたいときにぴったり。香料不使用で、紅茶そのものの香りをしっかりと楽しめます。

パッケージは日の丸を思わせるデザイン。落ち着いた優しげな色合いで、女子が手を伸ばしたくなる可愛らしいラベルが素敵です。

日本国内での紅茶生産は、明治時代に輸出を目的として全国で始まりましたが、1971年に紅茶の輸入自由化が導入されて、ほとんど行われなくなっていました。近頃は「国産紅茶」「和紅茶」として人気が高まり、生産量も増え始めています。

近頃、注目を集め始めている国産紅茶。国産の紅茶は海外産紅茶よりも渋みが少なく、さわやかな味わいで人気が高まってきているそうです。海外からの輸入量約160万トンに対して、国産紅茶の生産量は約120トンほど。全体の1%にも満たない希少な紅茶です。

伊藤園からは『TEAs’ TEA NEW AUTHENTIC』シリーズにも無糖の「日本の紅茶」が登場。こちらは甘さが加えられていないので、和菓子や食事にもよく合います。

ちょっぴり大人の雰囲気な「日本の紅茶」。ぜひお試しください。

「日本の紅茶」8月15日(月)より販売開始 | ニュースリリース | 伊藤園

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

あら、お洒落になっちゃって!登場して16周年の「キリン 生茶」が味もパッケージもリニューアル
新鮮な抹茶と玉露が楽しめる!飲む直前に「振ってたてるお茶」がコンビニで発売されますよ
忍者・相撲・侍などなど!日本ならではのシルエットをあしらった緑茶ティーバッグ「役者が揃ったTEA BAG」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP