体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「カジュアルな言葉」は失礼!仕事のメールで今すぐ使える“言い換え”例46選

f:id:k_kushida:20160927162411j:plain

軽い気持ちが命取りになる?

ふだんプライベートで使っている「話し言葉」や「カジュアルな言葉」を、礼儀やマナーが求められる「仕事のメール」に使っていませんか?

仕事のメールのやり取りは“遊び”ではありません。その主流は、マナーや気遣いが求められるフォーマルなコミュニケーションです。あなたが書いたメールを読んだ人から「この人は礼儀知らずだ」「マナーがなっていない」「失礼だ」「無礼だ」「私を軽んじている」「馬鹿にしている」と思われているとしたら……ゾっとしませんか? あなたは悪気なく書いたのかもしれませんが、残念ながら、挽回の余地はありません。メールの場合、相手がいちど抱いたイメージを払拭することは至難の業だからです。

メールというのは、会話と違って、目の前に相手がいない状態で行うコミュニケーションです。それゆえ、その場で言葉を取り消したり、訂正したりすることができません。もちろん、(会話ではないため)表情や口調、ジェスチャーなどを使って、言葉を補完することもできません。やり直しがきかない一発勝負。読んだときの第一印象がすべてです。しかも、相手が削除しない限り、(良くも悪くも)ずっと手元に残り続けます。それゆえ、失礼のない「書き言葉」で書く必要があるのです。

軽々しい文面をこう転換!“言い換え”例46選!

では実際に、どのような「話し言葉」や「カジュアルな言葉」がメールに使われているのでしょうか。適切な「書き言葉」と併せて、以下に紹介します。

× すいません(すみません)。

○ 申し訳ございません。

× 私たちにお任せください。

○ 私どもにお任せください。

× しばらくぶりです(お久しぶりです)。

○ ご無沙汰しております。

× いつもお世話さまです。

○ いつもお世話になっております。

× これからもよろしくお願いいたします。

○ 今後ともよろしくお願いいたします。

× 弊社が受注することはないです。

○ 弊社が受注することはありません(ございません)。

× ちょっと遅れそうです。

○ 少し遅れそうです。/少々遅れそうです。

× いっぱい回答をいただきました。

○ 多くの回答をいただきました。

× とってもいい感触でした。

○ 非常にいい感触でした。

× たぶん成功するでしょう。

○ おそらく成功するでしょう。

× あんまりいい状態ではありません。

○ あまりいい状態ではありません。

× あとでメールしておきます。

○ のちほどメールしておきます。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。