ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』最新予告公開、究極の兵器の謎が明らかに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 スター・ウォーズのスピンオフ映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の最新予告が公開され、物語の一端が明らかとなった。

 本作では反乱軍の寄せ集め極秘チームが、全銀河を脅かす究極兵器デス・スターの設計図を奪うという97.6%生還不可能なミッションに挑む。予告では「デス・スターの設計図はいかにして入手されたか?」という謎がいよいよ明らかに。シリーズを通して度々その脅威が描かれてきた帝国軍(悪)の究極の兵器デス・スターの開発者が、何と、本作主人公ジン・アーソ(演:フェリシティ・ジョーンズ)の父親ゲイレン・アーソ(演:マッツ・ミケルセン)だったのだ。

 ジンはショックを受けるも「私は父を信じてる」と、父の真意を明らかにするため、そして消息も分からない父の愛を信じミッションに参加することなる。父のため、反乱軍、ひいては銀河全体の希望となる為に立ち上がるジン・アーソと<ローグ・ワン>のメンバー。ルーカスフィルムの社長で本作ではプロデューサーを務めるキャスリーン・ケネディは「この『ローグ・ワン』は家族の物語という側面、そして今回の作品はより“希望を持つ”ことを求めており「スター・ウォーズ」の物語で描かれる共通の価値観を継承しています。いつもより少しガツガツしているかも(笑)」と語り、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の直前を描くどころか、その希望を次世代へと繋げる、シリーズ全体においても重要な作品であるという事を明かしている。

 スター・ウォーズシリーズの原点となる『エピソード4』で、レイア姫はなぜ帝国軍の究極兵器デス・スターの設計図を持っていたのか?伝説の原点の謎が解明されるばかりか、いままでのシリーズ以上にエモーショナルで心揺さぶられるストーリーになることは間違いない。『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は12月16日(金)より全世界で公開。

◎映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』予告 希望編
https://youtu.be/EEGnxUzdfmA

関連記事リンク(外部サイト)

2年連続、「スター・ウォーズ」パレードがカワサキハロウィンに参戦決定
ディズニー・オン・クラシック全国ツアースタート、第二部は 『アナと雪の女王』を再現
SWシリーズ『ローグ・ワン』物語は『エピソード4』10分前まで? ティザーポスター&監督コメント到着

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP