ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シューベルト「アヴェ・マリア」本当のタイトルは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「ACOUSTIC COUNTY」のワンコーナー「DAIWA HOUSE SECRET NOTES」(ナビゲーター:西村由紀江)。10月13日のオンエアでは、この週のテーマが「アレンジ〜編曲〜」ということで、有名な作曲家によってアレンジされたシューベルトの歌曲を紹介しました。

この日に取り上げたのは、西村も「600曲に及ぶシューベルトの歌曲の中でも、特に親しまれている名曲です」と語る「アヴェ・マリア」。

「アヴェ・マリア」というタイトルの曲は、グノー、ブラームス、ブルックナー、フランク、ヴェルディ、ストラヴィンスキー…など多くの作曲家によって書かれているそう。それらは全て聖母マリアを讃える宗教曲だそうですが、シューベルトの「アヴェ・マリア」だけは、宗教曲とは少し違うのだとか。

同曲は、ウォルター・スコットというスコットランドの詩人が書いた「湖上の美人」という叙事詩に曲をつけたものだそうで、その「湖上の美人」の中の「理不尽な理由で追放された父親と共に身を隠している娘・エレンがマリアに助けを求めて祈る」というワンシーンを歌にしたのだそうです。

そして「アヴェ・マリア」の本当のタイトルは「エレンの歌 第3番」なのだとか! 「でも歌の出だしが『アヴェ・マリア〜』だからでしょうか、いつしか『シューベルトのアヴェ・マリア』と言われるようになったのです」と、この曲の知られざる歴史を紹介する西村でした。

この日はギタリストのタック・アンドレスが編曲・演奏を行った「アヴェ・マリア」を聴いていただきましたが、このタック・アンドレスは夫婦デュオ“タック&パティ”でおなじみです。このデュオは西村も大好きだそうで。タックについて「普段は(ボーカルの)パティのバックに徹していますが、実は超テクのジャズギタリスト。(ジャズミュージシャンの)ジョー・パスを研究し、独学で磨き上げたという独特の奏法は、まさに“one and only”」と絶賛していました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「DAIWA HOUSE SECRET NOTES」
放送日時:月・火・水・木曜 15時15分ー15時20分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/secretnotes/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP