ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米アリゾナの砂漠に点在する謎の「X形」の物体・・・その正体とは!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

約12年前、米アリゾナの砂漠を小型飛行機で飛んでいたパイロットの女性が、Xの形をした奇妙な白い構造物を発見。女性はこの目撃談をナショナル・パブリック・ラジオ(NPR)に語っており、さらに友人とこの砂漠に点在するX形の構造物について調べたという。

2人が調べてみた結果、このX形は「かつて『コロナ』と呼ばれる政府のトップシークレット・プログラム──国家初のスパイ衛星プログラムの一環として設置されたもの」なのだという。

「コロナ」とは、1960年代、ソビエト連邦やその他の冷戦の敵国を見張るための米国のスパイ衛星のこと。米国は密かにカメラ搭載の人工衛星を打ち上げ、敵国の領域の画像を撮影していたのだ。

当初、スパイ画像はピンボケしてしまっていた。そこで、米軍がカメラのレンズを調整してより鮮明なものにするためにこのXが建設されたという。

米の地図探検ウェブサイト『Atlas Obscura』によると、このXを点在させることで、打ち上げられた衛星は自分の位置を確認することができ、敵国を偵察する前に正確に焦点を合わせることができるとのこと。
天候が非常に良いということでアリゾナが選ばれたそうだ。

同プロジェクトは成功を収め、80万枚以上の敵国の飛行場と核兵器場所の画像を撮影することができた。
「コロナ」は12年後の1972年に役目を終えたが、X形のコンクリートの印は残されたままとなっている。

■フォトギャラリー
気合入りまくり!セレブ達のハロウィンコスプレ【フォト集】
【ギャラリー】気合入りまくり!セレブ達のハロウィンコスプレ【フォト集】122
■フォトギャラリー
愛猫&愛犬が写真に写りこんだ瞬間【おもしろフォト集】
【ギャラリー】愛猫&愛犬が写真に写りこんだ瞬間【おもしろフォト集】125

■参照リンク
http://www.aol.com/

関連記事リンク(外部サイト)

パンクヒーロー・横山健のMステ出演がカッコよすぎる「若い子にバンドに興味もって欲しい」
野村克也VS張本勲の暴走老人対決!ノムさんが口撃「喝いれる資格ない」「人の事言えるか」
BRAHMANのTOSHI
稼いだ額18億円!​ゴルフボール拾いで億万長者になった男性が話題に【動画】
井筒和幸監督、映画『ゴッドファーザー』を語る 「つまらない映画を何回観ても役立たない。『ゴッドファーザー』は価値観そのものが変わる」【前編】

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP