ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

なべやかん「替え玉バレ、たけし軍団で修行できてよかった」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 9月14日、警視庁捜査二課と世田谷署の合同捜査本部は神奈川県横浜市に住む自営業の中野真紀容疑者(54才)を詐欺容疑の疑いで逮捕した。

 被害者は世田谷区在住の会社役員の女性(49才)。被害に遭った時期は2009年11月頃で、被害額は440万円。警視庁によると事件概要はこうだ。

「中野容疑者は被害者女性が、都内の大学附属の私立小学校の入学試験で、不合格となった実子を同校に入学させることを希望していると知るや、“面接の枠が残っています。入学しても金銭的な迷惑をかけるようなことがないと示すためにお金が必要”などと嘘を言い、複数回にわたり被疑者らが管理する預金口座へ、現金合計440万円を振り込ませました」

 知人を使って教師役で電話をさせるなど計画的で悪質な犯行だった。エステ関係の会社を経営していたという中野容疑者はいったいどんな暮らしをしていたのか? 横浜市内の自宅は住宅街にある飾り気のない2階建てだった。

「夜8時前後にタクシーで出かけて行くこともあったから夜のお勤めなのかな、とは思っていましたけど、どこにでもいる感じの中年女性で、会えば挨拶もしますし、派手な感じは全然ありません。外車には乗ってらしたけど、相当型落ちしたワゴンタイプでしたしねぇ」(近所住民)

 私立小学校へは「うちのパパ(内縁の夫)にパイプがある」とも話していたという中野容疑者。住民らに話を聞くと、20代男性と一緒に住んでいた。若い男に貢いでいたのか、とも思ったが…。

「一緒に暮らしているのは大学生の息子さんです。4年前にあの家を契約したのがその内縁の夫。でもその男性には、別に家庭があって、なかなか別れられないようで…。でも、中野さん母子と彼はうまくやってましたよ。彼は中野さんの外車と同じナンバーの車を持っていますし、もちろん家賃や生活費も面倒見てるようですよ」(中野容疑者の知人)

 警視庁によれば、だまし取ったお金の使用用途は借金返済や買い物、ペットや美容費という。

「なんだかんだで2年くらいの間に振り込み回数が90回くらいあり、9500万円ぐらい振り込ませていたようです。ただこれが、今回の被害者だけのものなのか、あるいは複数の被害者がいるのか、また共犯者がいるのかについては捜査中です」(同前)

 裏口入学といえば、なべおさみ(77才)となべやかん(46才)父子が1991年に巻き起こした騒動を思い起こす人も多いだろう。

 やかんは、有名私立の成城学園高校時代、多くの生徒がエスカレーターで大学進学するにもかかわらず、成績不振で1年留年。成城大学への内部進学もできず、他大学への受験もしたが、ことごとく失敗し、2年浪人した。そのため父がやかんの替え玉を使って明治大学文学部(二部)にすべりこんだ。やかんが当時を振り返る。

「ぼくの場合は、誰かを落として裏口から誰かを入れるというものではなく、スポーツなどの推薦枠にプラスして紛れ込ませるというやり方でした。試験は替え玉が受ける、これも伝統的なやり方だったそうです。

 ぼくの事件の時、20~30人くらい同じような子がいました。今はどうなってるのか、気になります。あの事件の後、学校それぞれに裏口入学の手順があると知りましたし、それと同じくらい詐欺的なものもあることも聞きました。“点数が足りない場合サポートします”などと言ってお金だけ支払わせて何もしないケースもあるみたいです。受かれば、お金をもらい、ダメならお金をもらわない、そんなパターンもあるみたいです」

 あれから25年、今、その時のことをどう思っているのか。

「裏口に関し、自分自身は大きな過ちを犯したと感じています。父親や家族に大迷惑をかけました。仕事大好き人間の父親から仕事を奪ったのは謝っても謝りきれません。母親、姉にも悪いことをしたと思っています。父親の記者会見の時に自分も同席し謝罪するべきでした」(やかん)

 この一件以降も、毎年のように「裏口入学」のニュースが飛び込んでくる。最近も「お、ねだん以上。」の『ニトリ』の似鳥昭雄社長(72才)が、著書『ニトリ 成功の5原則』で、半世紀以上前の自身の経歴をこう明かした。

《たとえば私が高校に入学できたのは、裏口入学したからです。受けた高校を全部落ちてしまったので、ヤミ米屋をやっていた母が、最後に落ちた高校の校長先生に米俵を1俵送って、補欠合格ということで入れてもらったのです。(中略)大学は、四年制の大学は全部落ちたので、短大に行ったのですが、実はそれも替え玉受験でした》

 やかんが続ける。

「似鳥社長は学校に入り、さまざまな仲間に会い、その人生を成功に導いたのでしょうね。だから、どんな形であれ学校に入ったことがよかったのでしょう。でもぼくの場合、バレてよかったと思います。バレてなければ、ただの二世のボンボンバカ息子で終わったでしょう。たけし軍団という芸能界一厳しい場所で修業できてよかったと感じます」

※女性セブン2016年10月27日号

【関連記事】
TBSの名物番組『プロ野球をクビになった男たち』が書籍化
子供の教育費 全て国公立で942万円、全て私立で2400万円
名門大学がないドイツの人材が優秀な理由を大前研一氏が解説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP