ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsungユーザーの40%が「もうSamsungのスマートフォンを買わない」と回答(アンケート調査)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Galaxy Note 7 の生産停止の発表を受けて、Branding Brand が行ったアンケート調査によると、もう Samsung スマートフォンを購入しないと回答した人が全体の 40% にも達しました。アンケートは 10 月 11 ~ 12 日の間に米国の Samsung スマートフォンユーザー 1,020 人を対象にインターネットアンケートによって実施されました。もう買わないと回答した人のうち 46% は過去 2 年間で新たに Samsung スマートフォンを使い始めているので、新規の Samsung ユーザーの半数が否定的な回答をしたことになります。このうち、30% の人は iPhone 7 に乗り換えると回答し、70% の人は Android に留まると回答しました。Galaxy Note 7 に関連して、Samsung は 10 月 14 日に 2016 年 Q4 から 2017 年 Q1 までの間に、Galaxy Note 7 の販売停止に伴う機会損失の影響を 3兆ウォン半ば(約 3 206 億円)になる見通しを示したほか、Galaxy Note 7 の損失を埋めるべく、今後は Galaxy S7 / S7 edge の販売を強化する方針を明らかにしました。Source : BGRSamsung

■関連記事
BHIのメールアプリ「Swingmail」が今度は「Y!mobileメール」に対応
Google、Daydream用のキーボードアプリ「Daydream Keyboard」をリリース
FacebookアプリがChromecastやApple TVへの動画転送をサポート

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP