体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夫婦の生活レベルは婚姻費用で格差なしに。たとえ別居中でも!

夫婦の生活レベルは婚姻費用で格差なしに。たとえ別居中でも!

 離婚を視野に入れてまずは別居、というときに、考えておかなければならないのが「生活費をどうやって確保するか」という点です。生活費を夫婦の一方の収入でまかなっていた場合、別居によって生活の途を絶たれることになります。
 また、夫婦双方に収入があったとしても、別居によりやりくりが苦しくなる場合もあるでしょう。そんな悩みを解消するために「婚姻費用」を請求することができます。

婚姻費用とは

 婚姻費用とは、夫婦が通常の社会生活を維持するのに必要な生計費をいいます。省略して婚費(コンピ)といわれることもあります。
 生計費とは、具体的には、衣食住の費用、交際費、医療費、子どもの養育費、教育費などです。

 この婚姻費用は、夫婦が「その資産、収入その他一切の事情を考慮して」分担しなければならないとされています(婚姻費用分担義務、民法760条)。
 夫婦が同居している場合はもちろん、法律上の婚姻をしている限り、別居している場合でも、離婚の協議中や裁判中であっても、婚姻費用の分担義務があります。

 婚姻費用は、「請求した時」からの分を請求することができます。過去の婚姻費用については、婚姻費用としての請求はできませんが、離婚時の財産分与において、婚姻費用の清算のための給付も含めて財産分与の金額や方法を定めることができます(最判昭53.11.14)。
 一方、いつまで婚姻費用を請求できるかについては、婚姻費用の分担義務がなくなるまで、つまり離婚するまでとされています。

婚姻費用の決め方

 具体的な金額や支払い方法などを決めるには、まずは相手方との話し合いを行うことが一般的です。
 話し合いで合意が整った場合は、その内容を文書にしておくことが重要です。可能であれば、公正証書を作成しておくことをおすすめします。公正証書にしておけば、約束通り支払いがなされなかった場合に、強制執行で支払いを求めることができます。

 話し合いがまとまらない場合は、家庭裁判所に婚姻費用分担の調停を申し立てることができます。申立書(書式は裁判所のウェブサイトから入手できます)に夫婦の戸籍謄本を添えて、相手方の住所地を管轄する家庭裁判所に申立てをします。
 申立費用として、収入印紙1,200円分と連絡用の郵便切手(金額や内訳は裁判所により異なります)が必要です。

 調停手続では、調停委員を交えて話し合いを行います。その際、夫婦双方の収入や生活状況の調査のために、給与明細や源泉徴収票、課税証明書などの資料の提出を求められます。調停において、合意が成立すれば調停調書が作成されます。
 調停が不成立になった場合には、審判による手続に移行し、支払うべき養育費の金額を裁判所が決定します。

婚姻費用の金額

 婚姻費用の金額は、一律いくらと決まっているわけではありません。
 生活を維持するのに必要な費用は、各家庭の収入や家族構成(子どもの人数や年齢)、居住している地域など様々な要因に左右されますので、具体的な金額は、これらの要素を踏まえて、当事者間の話し合いで、月額いくらという形で決められます。

 家庭裁判所においては、婚姻費用の算定をする際に「養育費・婚姻費用の算定表」を参考として活用しています。これは、婚姻費用や養育費の算定を簡易化・迅速化するために、過去のデータをもとに作成されたもので、裁判所のウェブサイトで閲覧することができます。
 家族構成(夫婦のみ、夫婦+子ども○人)ごとにいくつかの表があり、権利者(婚姻費用を請求した人)・義務者(婚姻費用を請求された人)の収入の区分(自営か給与か)や収入の金額に応じて、簡単に婚姻費用を算定することができます。

 ただ、この算定表には賛否両論があり、形式的に表にこだわらず、実質的に算定することが重要だという考えもあります。
 形式的に表にこだわるのが不適切なケースとしては、別居にいたる原因を作りだした側(有責配偶者)からの婚姻費用の請求があります。
 例えば、自らの不貞行為が原因で別居に至ったのに、不貞行為をした配偶者が他方の配偶者に婚姻費用の請求をした場合です。
 このような場合、有責配偶者からの請求は、権利の濫用(民法1条3項)として、その一部、または全部が認められない場合があります。

1 2次のページ
法、納得!どっとこむの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy