体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

祝3周年!21cafe管理人はぎえりが語る“エンジニア・コミュニティのハブ”としての軌跡

改装となった「21cafe」には、西海岸の自由な風が吹く

Web系のエンジニアやクリエイター界隈ではおなじみの「21cafe(ニイイチカフェ)」。ギークスが運営するイベントスペースで渋谷・道元坂途中という好立地だ。

エンジニアやデザイナーの非営利の勉強会やイベント目的であれば、予約すれば平日夜に無料で使える。2016年3月にギークスのオフィス移転に伴って、以前よりもフリースペースが2倍以上に広がった。

備え付けの大きな木のテーブルには20名が座れ、40名が座れる階段型のセミナールームは、足元に密にACコンセントを設置。飲み物の自販機なども充実させた。

「移転・改装にあたって、これまで利用していただいたエンジニアたちにアンケートを取り、その要望を盛り込みました。前がニューヨーク・ソーホーのシックなアトリエのイメージだったとすれば、今度の21cafeは見晴らしのよいビルの最上階、白壁に外光が射し込む明るさを生かしました。米西海岸のようなリラックスできる雰囲気をイメージしているんですよ」と案内してくれたのは、管理人の一人、はぎーこと萩原愛梨さん。

21cafe管理人のはぎーこと萩原愛梨さん

ギークスは事業として、フリーランスのITエンジニアのネットワークを構築し、エンジニア不足に悩む企業と、即戦力のエンジニアとのマッチングサービスを展開している。21cafeもエンジニアと接するなかで、「コストをかけずに勉強会を開けるスペースが欲しい」というニーズに反応してできたものだ。

その2代目管理人として2015年1月に入社してきたのが、萩原さんともう一人松井瑞恵さん。2人には入社早々「はぎー」「えりー」のニックネームがつけられ、「はぎえり」ユニットの活躍は次第に業界で知られるようになる。

21cafe管理人のえりーこと松井瑞恵さん

「私は経営企画室でコーポレート広報、はぎーはクラウドエンジニアリング事業本部でサービス広報として事業のブランディングを強化しています。21cafeでイベントがある際は、私たち二人が管理人として運営サポートしています」と、松井瑞恵(えりー)さん。

21cafeは広告などを使っておらず、口コミのみでエンジニア界隈に広がっている。事業から派生した取り組みではあるものの、スペース貸し自体で収益を挙げるわけではない。

そこで2人はエンジニアのカンファレンスや勉強会を足繁く訪れ、まずはコミュニティを主宰するキーパーソンへの働きかけから始めた。

エンジニアコミュニティの中にわけいって、その気持ちに寄り添う

2人とも文系出身で、コードはほとんど書けない。だが、エンジニアと触れあううちに、少しずつ専門用語を覚えるようになった。

1 2 3次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。