ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『魔法にかけられて』続編、米ディズニーがアダム・シャンクマン監督と交渉中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米ディズニーが、2007年のエイミー・アダムス主演のコメディー・ファンタジー映画『魔法にかけられて』の続編となる映画『Disenchanted(原題)』の監督に、映画『ヘアスプレー』を監督したアダム・シャンクマンと交渉中だ。

ディズニーは、数年に渡り続編の開発に取り組んでいる。アダムスは今年の始めに、同プロジェクトに熱中していると語った。

アダムスは4月に、「製作関係者たちは、このプロジェクトについて長い間協議しています。私は本当に彼らのプランを快諾していますし、また楽しみにしています。(作品に)参加できることを願っています」と、語った。

続編の物語の舞台は、『魔法にかけられて』から10年後の世界だ。アダムスが演じるジゼルは、自身の末永い幸せな暮らしに疑問を感じ、現実の世界とアニメーション世界のアンダレーシア王国の皆の生活を逆転させてしまう出来事を偶然引き起こす。

ケヴィン・リマが、ジゼルが魔法のようにアニメの世界からニューヨークの現実世界へと移動するオリジナル版『魔法にかけられて』を監督した。ジェームス・マースデン、パトリック・デンプシー、イディナ・メンゼル、スーザン・サランドンも出演したオリジナル版は、全世界で3億4000万ドルの興行総収入を記録する強力な作品となった。また、オリジナル版では、アラン・メンケンによる楽曲も使用された。

シャンクマン監督は、米ディズニーによるコメディー映画の3作品である映画『女神が家(ウチ)にやってきた』、映画『キャプテン・ウルフ』、映画『ベッドタイム・ストーリー』を手掛けた。

シャンクマン監督は、UTA(ユナイテッド・タレント・エージェンシー)、ブルーム・ハーゴットと代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP