ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界的な遺跡・アンコールワットを擁するカンボジアの旅行記まとめ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは。Compathy magazineライターのItsukiです。
2016年リオ・デ・ジャネイロ・オリンピックでカンボジア代表マラソン選手として猫ひろしが健闘したり、成田からプノンペンへの就航便が新規運行したりと、なにかと話題のカンボジア。今回はそんなカンボジアの旅行記を紹介したいと思います。

見どころ盛りだくさんのアンコール遺跡

まずはカンボジアといえば絶対に外せないのがアンコール遺跡。世界的観光地だけあって旅行記もたくさんありますが、その中で今回ご紹介させていただきたいのがYasuko Kimuraさんの旅行記です。

アンコールワットが特に有名ですが、実際にはそれ以外にもたくさんの遺跡があります。この旅行記ではプノン・バケンからの夕日、アンコールトム、タ・プローム、バンテアイスレイ、ベンメリアなどと周辺の遺跡も観光されており、トンレサップ湖やナイトマーケットなど、シェムリアップの街とその周辺をとても満喫している様子が見れます。

Yasuko Kimura「カンボジア シェムリアップ2012 アンコール遺跡めぐりとラピュタのモデル地を訪ねて

プノンペンのイオンモール

Eika Akasakiさんは2014年にオープンした当初のイオンモールを訪れています。カンボジアでも最大級のショッピングモールですが、何が売られているかわからないという方もいるでしょう。そんな方はこの旅行記をぜひ参考にしてください。

Eika Akasaki「カンボジア・プノンペンのイオンモールはすごかった!!

カンボジアの食事を楽しむ

Masaki Takeharaさんは長い旅行の中で様々な料理に挑戦しています。現地のクメール料理のクッキングスクールで手作りをしたり、北朝鮮料理を味わったり、なんとクモにも挑戦しています!

日本ではあまり馴染みがないカンボジアのクメール料理ですが、この旅行記を見れば行く前に予習ができてしまいます。

Masaki Takehara「こんな所もあるよ、カンボジア

実はアンコール遺跡の入場料は2017年の2月より大幅に値上がりする予定です。1日券は20ドルから37ドルになり、3日券や7日券も値上げされます。カンボジアは11月に入ると乾季になり旅行がしやすくなるので、その前に訪れてみてはいかがでしょうか?

カンボジアへ行く前に、実名制の旅行記Compathyで「行ってみたい!」ところをチェック! (「行ってみたい!」の使い方はこちら

紹介したカンボジア旅行記はこちら

*Yasuko Kimura「カンボジア シェムリアップ2012 アンコール遺跡めぐりとラピュタのモデル地を訪ねて
*Eika Akasaki「カンボジア・プノンペンのイオンモールはすごかった!!
*Masaki Takehara「こんな所もあるよ、カンボジア

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。