ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

約1000のスヌーピーに出会える!「スヌーピーミュージアム」で第2回展覧会スタート【東京都】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年4月23日にオープン以来、貴重なスヌーピーの原画の展示やカフェやショップで

思い切りスヌーピーの世界に浸れるスポットとして話題のスヌーピーミュージアム。

2016年10月8日(土)からは第2回展覧会「もういちど、はじめましてスヌーピー。」が開催。

オープン記念展から展示内容が一新され、さらにカフェメニューやショップも新商品が続々登場!

さっそくチェックしてみましょう!

スヌーピーミュージアム 「もういちど、はじめましてスヌーピー。」

10月8日から新展示がスタート!

2016年10月8日(土)からは第2回展覧会「もういちど、はじめましてスヌーピー。」が開催。

見どころはなんといっても「スヌーピーがたくさん!」。1950年代初期の、まだあどけない子犬だったスヌーピーから1960年代半ばから始まる「フライング・エース」や「小説王」などおなじみの扮装シリーズにいたるまで約80点の原画がズラリと展示。

その数を合計するとなんと約400の手描きのスヌーピーに出会えます。

さらに、会場内のシアターでは、本展用に制作された50年に及ぶスヌーピーのスタイルの変化やスヌーピーが独特の喜びを表す「ハッピーダンス」をアニメーションで紹介します。約100のスヌーピーが駆け回ったり、踊る映像が楽しめます。

「フライング・エース」ピーナッツ原画

アニメーション画像

アートのスヌーピーシャンデリアは必見!

さらにおすすめの見どころは、約100体のスヌーピーのぬいぐるみを使ったシャンデリア。

さまざまな素材を使用して、ブランドや店舗など1点物の作品を提供するシャンデリアアーティストのキムソンへさんが制作。ファンタジックなスヌーピー愛を感じさせるアート作品に注目です!

ぬいぐるみを使ったシャンデリア(写真は一部)

「BROWN’S STORE」でも新アイテムがいっぱい!

ステーショナリーから食品までミュージアムのために編集されたアイテムが並ぶ人気の「BROWN’S STORE」では展覧会の内容に合わせて、ラインナップを一新!

1950年代の初期の作品をぬいぐるみにした人気商品はドックティシュを持ったスヌーピーと第1回目のコミックに登場したチャーリーブラウンがラインナップ。

また、初コラボレーションとして、カリフォルニアのバッグブランド「BAGGU」とコラボしたエコバッグなどコラボレ-ションアイテムもいっぱいです!

「1950‘s Early PEANUTS ぬいぐるみ」 左:Early PEANUTS スヌーピーぬいぐるみ(ドッグティッシュ)、右:Early PEANUTS チャーリーブラウンぬいぐるみ/各3024円

エコバッグ(白・赤・グレー)/各2160円

「Cafe Blanket」では新メニューがスタート

ミュウージアム内の「Cafe Blanket」の店名はライナスが愛する水色の「安心毛布」に由来し、ブランケットのように居心地のいい空間が広がるカフェ。

こちらもショップ同様に展覧会に合わせた新メニューが登場。

スヌーピーが扮する「フライング・エース」にたびたび登場する戦地のフランスをイメージしたサンドイッチセットや、かぼちゃ大王(グレート・パンプキン)が来てくれると信じるライナスの思いが詰まったかぼちゃペーストをのせて食べるパンケーキなど胸キュンなメニューが楽しめます。

「フライング・エースーフレンチスタイルー」 1652円

「ウエルカム・グレート・パンプキン」 1382円。※10月31日までの期間限定提供

まとめ

オープン記念展に引き続き、第2回展覧会も見どころがいっぱい!たくさんのスヌーピーに出会えるのはファンならずとも必見!

ゆったり鑑賞したり、カフェでメニューにトライするなど、芸術の秋をスヌーピーミュージアムで楽しみましょう!

■スヌーピーミュージアム 第2回展覧会「もういちど、はじめましてスヌーピー。」

会期/2016年10月8日(土)~

入館料/ 日時指定前売券一般(ローソンチケットにて販売)一般1800円、大学生1200円、中学・高校生800円、4歳~小学生400円、

当日券(前売の販売状況で余裕がある場合販売)一般2000円、大学生1400円、中学、高校生1000円、4歳~小学生600円

※展示内容、商品は会期により異なります。

※商品は売り切れの場合がございます。 スヌーピーミュージアム

住所/東京都港区六本木5-6-20

営業時間/10時~20時(入場は19時30分)

定休日/会期中なし ※年末年始(12/31~1/2)は休館

「スヌーピーミュージアム」の詳細はこちら


関連記事リンク(外部サイト)

神社やお寺だけじゃない!秋の京都で自然を満喫する「通」な過ごし方
そうだ、紅葉を見よう。この秋絶対見たい!九州のおすすめ紅葉絶景
『じゃらん』編集部オススメする 一生に一度は見るべき夕日絶景ベスト5

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP