ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

脱・いきあたりばったり!夫の転職、地元へ移住‥、ライフプランを考えて決断したこと byうだひろえ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

前回エピソード:このイライラを何とかしたい!!「ママのイライラ図」で感情を見える化してみたら… byうだひろえ

「LIFE(ライフ)を日本語にすると、なにになる?」

昨年、FP(ファイナンシャルプランナー)になった夫に、突然聞かれました。

私は、「人生、かなあ。あ、でも、生活って意味もあるよね。あと……命、か」と答えました。

なんでも、FPの仕事の1つに「ライフプランの作成」というものがあるらしく。

ライフプランの「ライフ」は、「生活」であり、「人生」であり、「命」である。

その3つ全てのプランを組むこと、なんだそうです。

へ~。(ボタン連打)

子供が生まれると、親になった者は、否応なしに変わります。

その中でも、うちなんて、結構すごいんです。

元々は、売れないイラストレーターの私と、売れないバンドマンの夫、夫婦2人で、横浜でカフェをやってたんです。

それが、子供が生まれてから、私はエッセイマンガの仕事が忙しくなってワーキングマザーになって、育児しながら続けるのが難しかったのでカフェは閉店、保育園問題に悩んだり家を売却したのもあり、横浜から私の地元愛知県に引っ越し、しまいにゃ夫は40歳過ぎてからFPに就職です。 保育園問題のエピソード:3月に入れる保育園求ム!!上の子の認可園退園がかかった「がけっぷち保活」 byうだひろえ

これが子供生まれてからの4年間に起こったことです。

我ながらなかなかのものだと思いますが、私たちなりに、そのつどそのつど「ライフプラン」を考えてきたからこその、変化でした。

ちなみに、我が家のライフプラン本年度版は、こんな感じ。

まあ、元々が、いきあたりばったりのダメ人間だったから、急ごしらえで親になってる感はございますが……。

そして、まだまだ、日々の生活に格闘しているわけではございますが……。

人生、とてもとても、楽しいです。 関連エピソード:やること>やれる人。夫と二人じゃ全然無理っ!命の危険を感じた私の2人目産褥期…(涙)byうだひろえ

夫は相変わらずネガティブでやっかいな部分もありますが、子供達のことが本当に大好きで、愛情持って接してくれています。

子供達は、言うこと聞かなくてイライラさせられるけど、私がどんなに怒ってもママのことが大好きで、無償の愛をくれます。

その気持ちに、いつまでも、なにがあっても、全力で応えようと思わせてくれる、私のパワーの源です。

きっと、これからも、いやこれからこそ、いろんなことがあるだろうけど。

そのつどそのつど考えて、みんなで楽しく生きていけたら。

このクネクネ道を、ずっとずっと、楽しく、歩いていけたら。

いいなって、思っています。

はい!

ワタクシうだひろえの「第二子妊娠出産体験記」をお送りしてきたこの連載「GO!GO!私のクネクネママロード」でございますが、今回で、一旦終了とさせていただきます。

ご愛読ありがとうございました!

そして……、少しお時間いただいてから、「GO!GO!私のクネクネママロード~育児編~」(仮)をお送りできたらと思っています。

アセアセと家事育児に奔走する1母の、なんてことない日々の姿ではございますが、ご覧いただくことで少しでも楽しんでもらえたら、何より嬉しいです。

またどうぞ、よろしくお願いいたします。

それまで、皆様どうかお元気で!

皆様のクネクネ道も、楽しいものでありますように☆

著者:うだひろえ

年齢:アラフォー

子どもの年齢:4歳と2歳

マンガ家/イラストレーター。愛知県生まれ。2008年『夢追い夫婦』(KADOKAWA)でコミックエッセイデビュー。『誰も教えてくれないお金の話』(サンクチュアリ出版/監修:泉正人)が30万部を超えるベストセラーに。4歳男児&2歳女児の子育てに奔走する生活を、ツイッターやブログで垂れ 流し中。

website:http://umeyon.net

最新刊:「伝えるチカラを身につけたらダメ旦那が稼げる男になりました」

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

この作者の過去記事

うだひろえさんの

過去記事はこちら

過去の記事はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

ペットボトルのフタで飲む!お母さんの靴を履く!子どもの謎な行動に「やめて」と言いたくなったら… by チカ母
オモチャは増やさず飽きさせず! 片付けも楽になる「入れ替え制度」でお部屋スッキリ
電車が見える部屋&電車ファンの息子。初めて発熱した夜の事件簿 by熊野友紀子

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP