ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コルビュジエ&ジャンヌレ作品展が広島へ巡回!約2倍60点の家具が登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

広島市内で「ル・コルビュジエ展」も

2016年10月9日(日)から10月23日(日)まで、広島県広島市の「おりづるタワー」にて「LE CORBUSIER & PIERRE JEANNERET : CHANDIGARH,INDIA(ル・コルビュジエ&ピエール・ジャンヌレ:チャンディーガル、インド)」展が開催されています。

2015年に東京・代官山で開催された「ジャンヌレとコルビュジエの家具作品の展覧会」の巡回展。東京開催では3日間の会期に2000名以上が訪れ好評を呼びました。

1950年代にコルビュジエとジャンヌレがインドの都市・チャンディーガルの都市計画に携わった際に制作された家具を紹介するもので、広島開催では東京開催の約2倍の家具作品が展示されます。

会場には写真家・ホンマタカシ氏が撮影したチャンディーガルの街の写真も展示。今回は新たに未発表の新作10点も追加されました。会場にある家具と写真作品は全て購入が可能です。

また、同期間中に広島市内の「Gallery – SIGN Hiroshima」にて「ル・コルビュジエ展」も開催。今年7月、コルビュジエの代表作17作品が世界遺産に登録されましたが、その1つであるイタリア・マルセイユの「Unité d’Habitation」で実際に使用されていたインテリアの一部が展示されるそう。こちらでも、ホンマタカシ氏によるコルビュジエ建築の写真があわせて展示されます。

都市、建築、インテリア、家具、そして写真を通して偉大な建築家たちの仕事をじっくり鑑賞できる稀少な展示会です。ぜひ足をお運びください。

▽東京開催の会場写真(撮影:高木康行)

LE CORBUSIER & PIERRE JEANNERET : CHANDIGARH,INDIA

会期:2016年10月9日(日)~10月23日(日) 10:00~19:00(18:00入場最終)

会場:おりづるタワー5階/広島県広島市中区大手町1-2-1

入場料:大人1700円、中高生900円、小学生700円、4歳以上500円

▽同時開催 ル・コルビュジエ展

会期:2016年10月9日(日)~10月23日(日)

会場:Gallery – SIGN HIROSHIMA/広島市中区小町1-1 4階

入場料:無料

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

糸の祭典「Do! イトフェス」開催! マーケットやワークショップで糸クラフトを満喫
ついに「東海蚤の市」開催!人気の北欧市、豆皿市も登場
原毛ブラックキリムが初登場! TIMBER YARDで大規模なキリム展、開催

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP