体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

難聴ですが何か?障害を受け入れた私の働き方・生き方

f:id:kensukesuzuki:20160416141047j:plain

はじめまして、修羅場へ自ら「こんにちは」をしてくる波乱万丈オンナ、修羅ガールと申します!

突然ですが、皆さんは五体満足ですか?

私は不満足です(笑)。なぜなら、20歳で聴力を失ったからです。じゃぁ、今どうしてるの?って話ですが、補聴器をフル活用して普通に仕事をしています。はい、まるで健常者のように。

難聴というと、50歳・60歳くらいから気にするものと思う人も少なくないですが、近年は驚くほど若年者による難聴者が増えてきています。今では補聴器は学割がきく時代です。

イメージしづらいので解説すると、20代~30代の健常者は10デシベル(※音量や電波の強さを表す単位)くらいの音が聞き取れるのが普通です。普通の人の会話が平均して、50~60デシベルくらいの音量と言われていますが、ここまで大きく明瞭に話す人は実際には稀です。人は自分の聴こえている音量に合わせて話をするので、特に若い人だと周りの環境にもよりますが30デシベルぐらいのことも少なくないと実感しています。そして、数値が大きくなっていくほど音の大きさは増していき、蝉の音・やかんの音などが70デシベルに相当し、騒音に該当するレベルです。

日本ではなんと、この70デシベルからしか音が聴こえない人に対して聴覚障害者認定がされません。ちなみにこの基準は、先進国でも稀に見る厳しい基準で、正直70デシベルからしか聴こえないなんて、生活ができないレベルです。日本は恐ろしい国だなと、本気で思います。

これから、難聴を受け入れて健常者のように働いている私について、お話したいと思います。この記事を読んで、目に見えない障害に対する見方が少しでも変わってくれたり、勇気を持ってくれたら嬉しいです。

障害を隠して、日常生活を送るということ

f:id:kensukesuzuki:20161004144251j:plain

目に見えない病気の1つ、それが難聴です。

これがどういうことかというと、要するに人に分からず・極めて理解されづらいことを指します。特に若ければ若いほど、誤解や偏見、そして居心地の悪さは、日常生活で様々な不適合を起こしていきます。

私の難聴は生まれつきではありません。ですが、父方の親族が代々聴力が弱く、少しづつ悪くいっていったのに無理をし続け、父も・叔母も40代でほぼ聴力を失いました。その後、全く回復せず、私にもその症状が、少し違った形で発症しました。

私は20歳で1度完全に聴力を失ったものの、何故か2週間後くらいに健常者の状態から30デシベルほど聴力を失った形で復活しました。その後も何度か音の消える時期を経て、ゆるやかな低下の一途をたどっていき、現在の聴き取れるレベルは50デシベル~60デシベルの間を彷徨っています。(※医者曰く、かなり特殊例らしいです。)

さて、難聴になると日常生活の何が大変かというと、コンビニの店員さんとの会話も聴き取りづらく、電話の聴き取りも容易ではありません。私は体調でも聴力の変動が激しいのですが、本格的に聴力を失うと、ほんとうにやかんのお湯の沸騰したお知らせ音すら聞こえず、危うく火事になりかけるなど信じがたいことも経験しました。

障害認定されていない若年難聴者、社会人になる

f:id:kensukesuzuki:20160707094645j:plain
1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。