体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

知っている番号がフリーダイヤルの場合、アルバイト応募の電話で使用していいの? 

知っている番号がフリーダイヤルの場合、アルバイト応募の電話で使用していいの?  知っている番号がフリーダイヤルの場合、アルバイト応募の電話で使用していいの? 知っている番号がフリーダイヤルの場合、アルバイト応募の電話で使用していいの?

フリーダイヤルは、通話料金を電話をかけた側ではなく、電話を受けた側が支払う仕組みです。

そのため、アルバイト応募をする際にフリーダイヤルを使用して先方に電話料金を支払わせるのは少しためらいますよね。

仕事をする上でコスト意識は大切です。応募時にフリーダイヤルを使用したことで、採用されないというケースもあり得るかもしれません。

今回は、そんなアルバイトの応募のフリーダイヤルの使用についてアンケート調査を行いました。

【質問】

アルバイトの応募時、知っている番号がフリーダイヤルの場合、その番号にかけますか?

アルバイトの応募時、知っている番号がフリーダイヤルの場合、その番号にかけますか?

【回答数】

フリーダイヤルにかける:57

他の求人用の電話番号を探す:43

 

「フリーダイヤルにかける」派が6割ちかく

アンケートの結果、「フリーダイヤルにかける」という人の方が若干多い結果となりました。 ・フリーダイヤルにかけてみて違ったら別の番号にかけ直す方が良いと思う。(10代/女性/学生)

・フリーダイヤルにかけることのリスクが思い当たらないからです。(20代/男性/学生)

・ひとまずフリーダイヤルならかけてみる。その上で求人用の電話番号を教えてもらう。(20代/女性/学生)

・かけてみて「アルバイトの募集を見てご連絡したのですが」と聞いてみる。大体はそれで上手くいく。(10代/女性/学生)

・フリーダイヤルにかければ、職場の場所が複数ある場合、自分の希望にそった勤務地を紹介してもらえる確率が高いと思うから。(20代/女性/学生)

まずは、知っているフリーダイヤルにかけてみて、求人用の番号があれば教えてもらうというのは、効率の良い行動といえます。

全国展開しているようなお店であれば、多くの店舗の中から今募集がある店舗を紹介してもらえる可能性もあります。

店舗ごとの電話番号を探して募集があるかどうかを確認して回るよりも、早く面接にたどり着けるかもしれません。

 

4割は、求人用の電話番号を探すと回答

フリーダイヤルを使用しないと回答した人は、全体の4割程度でした。 ・フリーダイヤルが求人用の窓口も含むものだったらかけるが、ほとんどは求人用の窓口はフリーダイヤルとは別だと思うから。(20代/女性/学生)

・アルバイト応募専用の電話窓口があることも考えられるので、 働く場所の迷惑にならないように、念のため応募用の電話番号は探したほうがいいと思います。(10代/女性/学生)

・ちょっと求人ではない別のお客様関係の番号ではないかと疑ってしまうから。(20代/男性/学生)

・求人の担当者と話をしたいので。相手側も求人担当ではない人が電話をしてきたら困ると思うので。(10代/女性/学生)

・どんな所につながるか分からず、不安なのでフリーダイヤルは避けます。(20代/女性/学生)

フリーダイヤルは、どこにつながるかわからないと不安に思う人が多いようです。

また、フリーダイヤルに採用担当者が対応するというイメージがないため、フリーダイヤルの目的以外の連絡をしたら迷惑なのではないかというコメントもありました。

確かに、フリーダイヤルは企業にとっての顧客サービスとして設置されることが多いため、電話に出た相手が求人についての情報を知らないということも考えられます。

 

なるべく求人専用の番号を探してかけよう

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy