体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

みんなが考える、アルバイトの「遅刻」は何分から?

みんなが考える、アルバイトの「遅刻」は何分から? みんなが考える、アルバイトにとっての「遅刻」は何分から? みんなが考える、アルバイトにとっての「遅刻」は何分から?

「5分前行動」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

学生時代に始業を意味する本鈴の前に予鈴があることからもわかるように、決められた時間にはすぐに始められるように、開始5分前から準備をしておきましょうという考え方です。

アルバイトの場合は1時間当たりいくらという形で報酬を得ることが多くなりますので、準備時間も仕事のうちという考え方もできそうです。その場合、始業時間に仕事を開始できなかったとしても、遅刻にはならないのでしょうか。

みんなは、スタート時間のいつから「遅刻」と考えているのでしょうか。アルバイトの「遅刻」の考え方についてアンケート調査を行いました。

【質問】

アルバイトの「遅刻」はいつからだと思いますか?

アルバイトの「遅刻」はいつからだと思いますか?

【回答数】

スタート時間の11分以前:0

スタート時間の10分前:3

スタート時間の5分前:12

スタート時ピッタリ:48

スタート時間を過ぎて1分:30

スタート時間を過ぎて5分:4

スタート時間を過ぎて10分:3

それ以降:0

 

スタート時間より前に到着していないと「遅刻」と考える回答が85%

アンケートの結果からは、少なくともスタート時間より前には到着していないと遅刻とみなされるようです。

「スタート時間ピッタリ」でも遅刻、「スタート時間の1分過ぎ」たら遅刻、と回答のボリュームが割れたので、このゾーンのコメントを見ていきましょう。

 

「スタート時間ピッタリ」は遅刻という回答が48%

一番多かった回答が「スタート時ピッタリ」。約半数の人が約束の時間ピッタリに到着してもセーフではないと考えているようです。 ・事業に支障の出る範囲内と考えたときに、最悪5分前までならどうにかなると思う。 ただ、開始時間に行った場合はなにかしらの影響が出ると思うから。(20代/男性/学生)

・余裕を持って5分前にはスタンバイしておくのが良いと思います。 が、就業開始は時間ピッタリからだとも思うので、その時間までに間に合えば遅刻にはならないと思います。(20代/女性/学生)

・準備のためスタート5?10分前につくべきだと思います。スタート時刻ぴったりの到着はスタート時刻に勤務に入ることができないということですので遅刻とみなすべきです。(20代/女性/学生)

・出勤時間、とは業務を開始する時間であるため、時間ピッタリに着いたらその時間から業務を始めることができないため。(10代/女性/学生)

仕事のスタート時間には、仕事を始められる状態にしておくべきという意見が多く挙げられました。多くの人が、「準備時間」は仕事の時間には含まれないと思っているようです。

スタート時間ピッタリに仕事を開始することができて初めて「遅刻ではない」と考えるわけですね。

また、遅刻は問題ですが、早く着く分には問題ないという意見も多く、ギリギリの到着はあまりよいことではないと考える方が多いことがうかがえます。

 

「スタート時間を過ぎて1分」でも遅刻は遅刻が30%

2番目に多かったのが、「スタート時間を過ぎて1分」という回答でした。 ・自分が入る予定のシフトからは働くということでその時刻に少しでも遅れたら遅刻だと思う。それに間に合うはやい分には全然問題ではないと思う。(20代/男性/学生)

・スタートの時間を過ぎた、という時点でそれがたった1分でも遅刻だと思う。スタート前に着いていて、遅刻とみなされるのには疑問を感じる。(20代/女性/学生)

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。