体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

10代の若者に向けた「15の教え」が、大人でもグッとくるものだった

生活・趣味
10代の若者に向けた「15の教え」が、大人でもグッとくるものだった

さなぎが蝶になるように、ある日突然背中がバリっと剥けて、大人の自分に生まれ変われたらどんなに楽なことでしょう。

ここで紹介する「15のライフレッスン」は10代に向けられたものですが、大人になった今でも、身につまされるものばかり。「Elite Daily」より、女性ライターSai Sailaja Seshadriさんの記事を紹介したいと思います。

01.
人はそれぞれの道を
歩んでいく

10代の若者に向けた「15の教え」が、大人でもグッとくるものだった

子供の頃、毎日一緒に遊んだ友達や、ずっと一緒にいようねと誓い合った幼馴染は、それぞれの人生を歩んでいきます。

大人になるにつれて、新しい人間関係ができ、やらなければいけないことも増えていきます。そのことを頭に入れながら、毎日を大切に過ごしましょう。

02.
傷つくことは
避けられない

ときには、完全に打ちのめされて無気力感でいっぱいになることがあるかもしれません。

誰だって傷つくことは怖いもの。でもそれは避けられないし、きっと何回もつらい思いをすることでしょう。

ただし、つらかったことを思い出にできる「強さ」が、自分の中にあるということも覚えておいてください。

03.
悲しいけど
代わりがきく

10代の若者に向けた「15の教え」が、大人でもグッとくるものだった

受け入れがたいかもしれませんが、家族をのぞけば、あなたの人生で代わりが効かない人はほとんどいないのです。

彼氏との別れがつらい?でも大丈夫。ちょっと待てば、もっとあなたにふさわしい人が見つかるはず。

04.
人の死だけは
避けることができない

子供の頃は、死というものを身近に感じることはなかなかありませんでした。しかし、年をとるにつれて、人を失う悲しみは人生の一部となっていきます。

人が死んだというニュースは毎日耳にするし、家族や友人の死に向き合わなければいけないこともあるでしょう。そこから学んでいくしかありません。

死は、人生で唯一確かなものなのです。

05.
欲しいものがあるなら
自ら掴みとる

10代の若者に向けた「15の教え」が、大人でもグッとくるものだった
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会