体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大統領が宿泊する高級ホテルに活気溢れるストリート!タイ・バンコクの魅力

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

4泊5日のタイ旅行に行ってきました。1日目をダイジェストで紹介します。

出発は9時15分発のタイエアアジアXJ601便。成田空港からドンムアン空港に向かいます。朝9時15分の飛行機に乗るためには、理想は7時15分に成田空港につきたい。でも、なにせ横浜。最寄り駅から出ているリムジンバスでは間に合わない。いろいろ検討して始発の電車で銀座まで行き、そこからリムジンバスを利用しました。今回利用したのは「アクセス成田」。1,000円で成田空港まで行けます。東京駅ではなく銀座駅にしたのは、バス乗り場までの距離が銀座の方が近かったので。今回ほぼひとり旅で、すべてひとりでやらなければいけないので、なるべく早く成田空港に着きたかったのです。6時3分に銀座につき、6時15分のバスに乗ることができ、7時30分には成田空港第2ターミナル3階出発ロビーに到着しました。まずは1階に降りて予約していたグローバルWi-Fiの受け取り。次にチェックイン。エアアジアのチェックインカウンターは、ひとつだけ外れた場所にあるNのカウンターです。

大統領が宿泊する高級ホテルに活気溢れるストリート!タイ・バンコクの魅力
中は大行列となっていましたが、事前にWEBチェックイン済だったので、別ルートで楽々チェックインです。その後、中に入ってゆっくりしようと出国手続きを終え、一番はしにある75番搭乗口の前で時間までゆっくり。で、両替を忘れてたことに、そこで気づきました。チキンハートなので、いつも国内で少額両替しちゃうんですよ。日本円だけ持っての旅立ちです。タイエアアジアXJ601便では、クワイエットゾーンのホットシートという席を用意していただいてました。

大統領が宿泊する高級ホテルに活気溢れるストリート!タイ・バンコクの魅力
足元がかなり広々としていて、一番前のシートには電源もあります。機内食も予約済でした。

大統領が宿泊する高級ホテルに活気溢れるストリート!タイ・バンコクの魅力
SPICY FRIDE CHIKIN WITH RICE AND TRADITIONAL THAI-STYLE OMULETTO(スパイシーチキンチャーハン チリホットバジルソースがけタイ風オムレツ)、BANANA CAKE WITH 100% ORANGE JUCE(チョコレートバナナケーキと100%オレンジジュース)合わせて210THB。プラスでビール。150THB。

大統領が宿泊する高級ホテルに活気溢れるストリート!タイ・バンコクの魅力
日本円しかなかったので1,000円払ったところ、おつりは130THBでした。450円くらいのビールが600円くらいに。あとでスーパーで34THB(100円)で売ってるのを見つけちゃいましたよ。高いビールになってしまった。チャーハンは激辛! といってもこれがタイの普通の辛さなんでしょうね。エコノミークラスは、たくさんの人が乗っていましたが、ホットシートはガラガラで3席くらい使ってゆったりと眠りながら来ましたよ。ドンムアン空港には30分早い午後2時半(現地時間)に到着しました。

■あわせて読みたい
これが本当の生き地獄?タイの地獄寺へようこそ!
http://tabizine.jp/2016/10/07/95557/

大統領が宿泊する高級ホテルに活気溢れるストリート!タイ・バンコクの魅力
空港からホテルまでは、タクシーに分乗してでかけました。ほとんどの人がタイのリピーター。中には30回以上来ている人も。この日の宿泊先はアナンタラ・サイアム・バンコクホテル。チェックインは4時近くでした。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会