体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

10万円~の高級腕時計を所有する意味って? グルメやクルマより投資すべき理由

f:id:tyo-press:20161004142929j:plain

あなたは今日、腕時計を付けていますか?

機能的に不足のない時計が1000円程度で手に入り、スマホと連動したスマートウォッチも普及し始めているなか、一見時代と逆行している「高級腕時計」。

経営層や富裕層が楽しむ贅沢品というイメージがありますが、実は投資アイテムとしての価値を持っているのです。

今回は『腕時計投資のすすめ』の著者である斉藤由貴生さんに、使うたびに価値が上がるという腕時計投資について、ビギナー向けの始め方から、メリットや注意点を含めてご紹介いただきました。

「時間確認なんてスマホで十分」と言わず、ビジネスパーソンなら一度は勧められたことのある高級腕時計の価値を見ていきましょう。

損をしないうえ、長い資産価値をもつ「腕時計投資」とは?

斎藤さんが最初に腕時計投資を思いついたのは、中学生の頃。バイトもできないので当然お金が無い中学生時代に、どうやって時計を買おうかと考えたときに「売る前提で買う」という腕時計投資を思いついたといいます。

「腕時計は30万円で買ったとしても価格がゼロになることはなく、下がったとしても半額の15万円程度に抑えられます。なぜなら高級腕時計はクラシックカーのようなものだからです。例えば、生産されてから10年程度の車は“価値のない中古車”として扱われ安値の傾向ですが、生産終了から40年ほど経つと「クラシックカー」として評価されます。中古の高級腕時計は中古車よりもクラシックカーに近いためゼロ円にはなりにくい。つまり腕時計は長い資産価値があるのです。しかも株などと違い、日常的に身につけて利用できるというメリットもあります。」

しかし日常使いをしていて傷がつくと、そのぶん価値が下がってしまうのでは?という懸念については「腕時計の価値は傷の有無で決まるわけではない」といいます。

「20万円以上という前置きが必要ですが、そのぐらいの価格帯の時計であれば、大事に扱われる傾向があり深刻な傷が付いているケースは少ないです。また、日常生活のなかでついた傷を気にする必要はありません。というのも、革ベルトの時計であればベルト部分は消耗品として年に数回取り替えるという前提がありますし、金属の時計であれば傷ついた表面を磨けば新品状態まで復活します。

時計は、時間を確認するだけであれば時刻を自動で合わせてくれる電波時計のほうが正確ですし、しかも防水機能のある優秀な電波時計だって一万円以下で手に入ります。しかし、そこに何十万、何百万というお金をかけるのは、所有する楽しみがあるから。その楽しさのなかに、これまでは無かった『売って楽しむ』という要素を取り入れたのが『腕時計投資』です。」

まずは腕時計を「所有する楽しみ」を知ってみよう

f:id:tyo-press:20161004143114j:plain

腕時計投資を始めるために、ビギナー向けにオススメの腕時計を伺うと「まずは腕時計を楽しむところから始めるのが良い」とのこと。

「腕時計投資に興味を持ったら、まずは30万円ほど貯金して、腕時計の「体験」から始めると良いと思います。もし腕時計の知識が無いなかで最初の1本を選ぶなら、いわゆる王道といわれるロレックスやオメガを購入すると、腕時計業界のノリやトレンドの変化が肌で感じられ、楽しさが分かってくるのではないでしょうか。

そこでさらに腕時計の価値はゼロになりにくいと分かってくると、2本目、3本目が買いやすくなると思います。」

そして、実際に利益を出すための売買についても伺いました。

腕時計の売買というと高額な取引のイメージがありますが、斎藤さんは気軽に利用できるネットオークションでの仕入れと売却が多いようです。

「200万円以上の高級腕時計ですとお店の仲介が必要になる場合があり、取引の敷居が高くなりますが、十万円単位の時計であればネットオークションなどを利用して個人間で手軽に売買できます。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。