体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本の金融ウーマンが、40代でNYの人気料理家へ転身。再婚・出産を経て、新たな人生を切り開いた生き方とは?

外資系証券会社で働く金融ウーマンから、40代でまったくの異業種である料理家の世界へ華やかに転身された、ひでこコルトンさん。今や「ニューヨーク流おもてなし」をテーマに予約がとれないほど人気の料理教室を主宰し、米国フジテレビでは3年間レギュラー出演。去年には念願のレシピ本を出版されており、ニューヨーク在住の日本人女性の間で圧倒的な知名度を誇ります。

そのコルトンさんが、今年7月に開かれた、NY在住の20~30代女性向けコミュニティ「ニューヨーク女子部♡」が主催するトークショーに出演。この記事では、そのトークショーの内容をまとめ、コルトンさんが夢を実現してきた道のりや、多忙なスケジュールの中どのように仕事・結婚・子育てを両立してきたのかなどを記しました。

f:id:k_kushida:20160921155556j:plain

自分を幸せにできるのは、自分しかいない

ニューヨークに来たのは1990年。その前はモルガン・スタンレー証券の日本支社で働いていて、そこで出会ったアメリカ人と結婚しました。彼はニューヨーク本社から派遣されて一時的に日本で働いていたので、任期が終わるとともにふたりでニューヨークに移り住みました。それがニューヨーク生活の始まりでした。

でも、最初はニューヨークに行きたくなかったんですよね(笑)。ここ10年で治安がよくなりましたが、当時のニューヨークはアッパーイースト(ニューヨークの高級住宅街があるエリア)以外は危ないと言われていて、最近トレンドのミート・パッキング・エリアなんてもっての他!今思えば、あの時にマンションを買っておけば、今頃ごろ高く売れたのにって思うんですけどね(笑)。

ニューヨークに来てからは金融の仕事を辞めて、アメリカ料理を学びはじめました。アメリカ料理とは一体どんなものなのか興味があったからで、まずはカナリー・インスティテュート・アメリカという料理学校で基本を学びました。けれど、そろそろ子供も欲しいなと思っていた5年目というタイミングで、結婚生活が破たんしてしまったのです。

前の主人とは色々な価値観が合わなかったですし、その頃私も若かったのでしょうね。男性が女性を幸せにするものだという古い考え方をしていました。でもアメリカ人と結婚するということは、精神的にも経済的にも自立するのが当たり前。離婚という辛い経験を通して「自分を幸せにできるのは、自分しかいない」ということを学びました。

f:id:k_kushida:20160921155901j:plain

離婚後は料理の道に進まず、生活のためにウォール街で再就職

その後、日本に帰ることも考えたのですが「こんな辛い思い出を抱えて日本に戻りたくない。いい思い出を沢山作ってからでもいつでも戻れる。」と思ったので、とりあえずこのニューヨークという世界の大都市でやれるだけ挑戦してみようと思いました。

結婚してからはずっと料理の道へ進むプランを立てていましたが、ニューヨークで一人で生きていかなければならなくなったので、再び金融の世界に戻ることにしました。そうして、スイスに本社があるUBS証券会社に再就職しました。

UBSではアメリカ株のセールスをしていました。これがまた面白くて!アメリカのことを色々な業界から学べるのです。ホールフーズ・マーケット(ニューヨークをはじめ、アメリカ全土で人気のオーガニックスーパー)のCEOにもこの時にお会いしました。

ちょうどホールフーズがオープンするタイミングだったので、様々なストラテジーを学びました。例えば、今アメリカでは野菜や果物を山積みにして、フレッシュに見えるように水を吹きかけて販売しているスーパーが多いですが、あれは当時ホールフーズが最初に始めた戦略なんですよ。

ニューヨークでの婚活は難しい。これってホント!

1 2 3 4次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy