ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

藤圭子のライブ音源を網羅した6枚組CD BOX「藤圭子劇場」が10/19発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1969年「新宿の女」でデビューするや、若者から大人まで幅広い世代から圧倒的な支持を受け、1970年代の音楽シーンを駆け抜けた藤圭子。彼女がこれまでに発表した初CD化を含むライブ音源をまとめた6枚組CD BOX「藤圭子劇場」が10月19日に発売されることとなった。この商品は通販各社による通信販売ならびにソニーミュージックのネットショップSony Music Shopでの限定販売となる。

超満員となった1970年10月23日、渋谷公会堂での「デビュー一周年記念リサイタル」から、1979年12月26日に新宿コマ劇場で行われた「引退リサイタル」まで、4作のライブ盤を5枚のCDに収録、さらに藤圭子の担当ディレクター・榎本襄氏選曲によるスタジオ録音8曲をDISC6に収録した究極のCD BOXだ。

152ページに及ぶ付属の冊子には、全曲の歌詞に加え、音源に収録されている本人や司会のトークも完全掲載。さらに、大ブレイクのきっかけとなった「新宿25時間キャンペーン」特集記事(1969年11月)や懐かしのカラー写真、映画のスチール写真などを掲載。またデビューから引退まで10年間に渡って担当を務めた元RCAディレクター榎本襄氏のインタビューなど貴重な資料も満載で、歌謡史にその名を残す藤圭子とともに、当時の昭和文化の香りも感じることができるBOXに仕上がっている。

本作では、1970~71年にかけての絶頂期のステージにおけるドスの効いた歌唱はもちろん、「マイ・ウェイ」や「この胸のときめきを」といった洋楽のカバーも堪能することができる。さらに、DISC6のスタジオ録音盤には、オリジナルヒット曲「圭子の夢は夜ひらく」を始め、自ら「演歌では最も好き」と語っていた「涙の酒」や、初CD化音源の歌謡浪曲「刃傷松の廊下」なども収録。藤圭子ファンはもちろん、昭和歌謡のファン、さらには藤圭子を知らない世代までも楽しめるBOXと言えそうだ。

「藤圭子劇場」スペシャルサイト
http://www.110107.com/mob/pageShw.php?site=OTONANO&ima=5321&cd=fujikeiko_gekijyou

リリース情報

「藤圭子劇場」
2016年10月19日発売
DYCL-3291~6 / 10,000円+税
CD6枚組 通販限定商品

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP