ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

CPSC、米国でGalaxy Note 7の第二のリコールを発表、23件の発火事故が新たに報告される

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
米国消費者製品安全委員会(CPSC)は 10 月 13 日(現地時間)、交換済み Galaxy Note 7 の発火事故などを受けて、第二のリコール実施を発表しました。今回のリコールは 9 月 15 日(現地時間)に発表された最初のリコールの対象端末だけではなく、問題を修正して交換・再販された端末も対象に含まれています。交換済みの Galaxy Note 7 にもリコール対象となる欠陥があったということです。CPSC は声明の中で、リコール理由を前回と同様のバッテリー問題だとしています。また、今回のリコール台数は前回の 100 万台から 190 万台に増えていますが、これにリコールされた端末数はカウントされていないので、実質的には 100 万台前後になります。CPSC はこのほか、9 月 15 日以降に 23 件の発火事故が新たに報告されたことも明らかにしました。Source : CPSC

■関連記事
KDDI、HTC J butterfly HTV31のAndroid 6.0アップデートを10月19日に開始
NTT Com、IP電話アプリ「050 Plus」の“フォトトーク”機能を提供終了
日本エイサー、Google Play対応の「Chromebook R 11」を法人向けに発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。